検索

郭文貴Getterまとめ(5/22~5/29)

最終更新: 6月3日


ウイルスについて

1.中共の某要人が欧州の某国へ訪れたときに拘束された。しかも、その要人から大量の情報が手に入った。


これらの情報は中共ウイルスの真相解明に掛かる時間を大幅に短縮することができるだろう。


2.すでに助かった戦友の一人、その家族が、欧州で欧州の情報機関に協力しようとしており、更に多くの証拠を提供するつもりでいる。


その証拠の中には、中共の軍部がウイルスを製造しているテスト動画があったり、公式文書もある。これらの行動は人々のウイルスに対する認識を更に高めることができるだろう。


ファウチはこの人物が証言すると聞いた途端、すぐにウイルスの由来について言葉を改めた。多くのメディアも口裏を改めた。


3.私が今日話した言葉をよく覚えていて欲しい、これは重要なポイントである。


「香港実験室、閻麗夢博士がいるあの実験室こそが米国と欧州が中共に資金を与える最も重要なルートである。だから、閻麗夢博士は重要な人物である、非常にね!」


4.インド、オーストラリア、日本、台湾、ニュージーランド、そしてブラジルが、中共にとって次の重要なターゲットになる。


しかも、次の感染爆発が起きれば、50万、100万何かじゃない、米国の1/3の人々が命の危険に晒される。これは冗談なんかじゃないぞ。



中共内部について

1.中国民生銀行、招商銀行、中国郵政儲蓄銀行、平安銀行がつぶれなければ、中共国経済がつぶれることはない。


中国民生銀行で、3兆(元か米ドル)の資金が消えて見つからなくなった。



世界情勢について

1.米国経済と世界経済は間違いなく大きな災害に直面する。私が二つみんなが永遠に知ることのない情報を伝えよう


 私が知っているほとんどのファンドが密かに資産を現金化し、手に入れた現金のほとんどをデジタル通貨にぶち込んでいる。あと、一部の人が金の現物を大量に購入している。


 不動産が暴落するため、多くの富豪が不動産を売り、現金に換えている。株も売れるだけ売って現金化している。これらはすべてこの2、3ヶ月の出来事である。


共産党滅亡のカウントダウンを全世界が嗅ぎつけている。



2.共産党の滅亡は人類に3つの災難をもたらす


 完全なる人道における災難。


 米国と世界経済の周期性的な災難。


 全世界が紙幣による伝統的経済から、未来的のデジタル経済に変わる過程で、お金がすべてマネーロンダリングされたあとの災難。



3.EUと中共の今回の協議が凍結されたことによって、世界の舞台における基本的な中共の役割は、一気に1989年以前に戻された。国際関係、国際政治も基本的に1989年以前に戻された。


中共は1989年から2001年まで悶え、ようやく労力経済によってWTOに加入することができ、そこから好転した。でなかったら、中共はとっくに滅んでいた。


EUと中共の全ての協議が凍結されたあと、次はWTOが中共を追い出す、これは確実に起こる。その次は、世界銀行が中共を追い出す、これも確実に起こる。そのあとは、国際通貨基金が中共を追い出す。


この三大機関が中共を追い出せば、中共の国連での常任理事国という地位は、間違いなく破棄される。



編集&校正:路徳社MTGチーム

日本語翻訳:RyouTb


637回の閲覧2件のコメント

最新記事

すべて表示