検索

郭文貴Getterまとめ(5/17~5/21)


一 ウイルスについて

1.米国議会でのウイルスの真実に関する公聴会は必ず行われる。

新型コロナは共産党がずっと前から計画していた超限戦的生物兵器戦争である。これについて、世界各国の権威機関はすでに閻麗夢博士の報告を認定している。



二 米国について

1.米国はデジタル通貨の基準と発言権を、必ず最終的に完全に支配するだろう。



三 中共内部について

1.中共が滅ぶ前、奴らは民心をなだめるため、民間の企業家に顔を出させ、引き続き民衆を騙し、引き続き世界でお金を騙し取らせるだろう。


中共と結託したことがある、いわゆる「返り咲き」した商人を信用してはならない。


2.爆料革命に関する中共の嘘な宣伝が多ければ多いほど、その背後にある黒幕を証明できるし、我々の偉大さを証明することができる。


我々にはもう一つ策がある。それは「嘘」を持って滅共である。敵の嘘を利用して、敵の嘘を暴く。


3.楊潔篪と王毅は、爆料革命を中傷するための、かなり大規模な行動を計画している。彼らの攻撃のターゲットは「喜幣」と「喜ドル」と「新中国連邦のGシリーズプラットフォーム」である。


4.中共は新中国連邦成立一周年記念を利用して、爆料革命に対して厳しい攻撃をしようとしている。


我々はすでに情報を入手している。あんたらの思い通りにはいかない。



四 世界情勢について

1.今回のイスラエルとパレスチナの衝突は、全世界のテロ組織がパレスチナに集結していることを、ますますはっきりさせた。しかも、その大多数はイランと中共から指導を受けている。


2.かつての親共の大物たちは、次々中共から資金を撤退させている。中共国株はまもなく完全に崩壊する。


3.世界で最も反ユダヤ人で、ユダヤ人を滅ぼしたいのが中共であることを、ユダヤ人が信じ始めている。


4.中共は米露関係を焚きつけようとしている。だが、ロシアは中共から金を巻き上げたいだけで、実際行動に出ることはない。



五 経済について

1.世界での戦争が多ければ多いほど、突発的な事件が増える。通貨のインフレが厳しければ厳しいほど、失業者が増える。社会の多くの不安定要素によって金融が不安定になる。


そうすると、世界の金融がたった一つの目標に辿り着く。それこそが暗号仮想通貨である。


2.ビットコインなどのいくつかの仮想通貨の背後にある支配者こそが、中共のいくつかの家族とウォール街のいくつかの貪欲者である。



六 Gシリーズと新中国連邦について

1.喜ドルと喜幣は将来、貴方にとって生涯使える口座であると同時に、貴方の信用でもあるため、それを必ず大切にしなければならない。


2.GTVとGNEWSは欧米や世界の政治にとって、中枢でもなければ最大でもない。しかし、GTVとGNEWSは間違いなく世界を動かすレバーである。



七 郭文貴の金言

1.信用を築くのはとてもとても難しいことである。なぜなら、人々はそれぞれ違う角度で貴方を見ているからだ。もし、貴方は自分の信用を大切にしないのなら、貴方の信用は一瞬で崩壊する。


2.どんな金融の投機においても、大多数の人が負け、ごく一部の人しか勝てない。これは永遠に変わらない定律である。



編集&校正:路徳社MTGチーム

日本語翻訳:RyouTb


209回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示