検索

米国時間1/28 郭文貴ライブまとめ


◆今の米国には四つの勢力がある

 1.「MAGAトランプ大統領派」これは極右派と呼ばれている。

 2.「米軍派、陸軍士官学校派とも呼ばれる」ポンペオがそれに属している、知っての通り彼は完全に滅共派である、もはや陸軍士官学校派は滅共派と呼んでもおかしくない。

 3.「共和党マコーネル派」。

 4.「民主派民主党」。


◆この四勢力はすでに調整を行っている、3月12日以前、長くても4月1日までに公表される。


◆この四勢力は、今の人類にとって核心的な話題は二つしかない、「一つはウイルス」、「もう一つは滅共」であることをみんな分かっている。


◆台湾は日中にとって大きな「癌」である。


◆台湾が中共に取られあと、一番脅威に晒されるのが日本、その次が米国。


◆怖いのは中共のテクノロジーの発展である。近年では日本、米国、ヨーロッパは台湾でテクノロジーおよび人材を発展させてきたが、それよりも重要なのは台湾の西側諸国との近年の関係にある、一旦共産党の手に陥てしまうと、悲惨な結果を招くだろう。


◆だから日本は必ず我々と共に戦う。


◆ヨーロッパが最も欲しいのは自動車市場、サービス市場、金融市場である。


◆過去70年の中共の最大な契約の一つはWTOである。実際WTOの条項の履行は完全に異なっており、米国とヨーロッパを完全に差別している、そのことをみんな分かっている。


◆その次の最大な契約は香港返還である。中共は何か一つでも約束を守ったか?傷ついたのはヨーロッパだけではない、香港返還自体が利用され、騙され、西側の文明社会全体が傷つけられた。


◆建築界において、最も偉大な建築は宗教建築である。その次は金融建築で、三つ目は独裁政権の建築である。パングー・セブン・スター・ホテルは世界の建築界から中国の過去100年において一番の看板建築であると称されている。


◆無神論の共産党は強引にパングーの「龍頭」を「鳥頭」に変え、「龍玉」を取り、「仏手」を取った。「龍頭」と「仏手」があるときの中国は、この1000年間で経済、政治、平和において、最も優れていた、それらを取った中共にはもはや滅亡だけが待っている。


◆ウイルスは中共を完全に狂わせた、中共は今全人類に脅威を与えている、それなのに何とか誤魔化してそれから逃れようとしている、まだ逃げられると勘違いしている。


◆隠蔽、殺人、詐欺、過ちを認めない、淫乱、貪欲、人間を人間だと思わない、これらはすべて恐ろしい中共の罪である。



編集:斉天大聖

翻訳:RyouTb


771回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.