検索

5/12 路徳社NEWS(米国時間 5/11朝)


1.ピーター・ナヴァロは閻麗夢博士をウイルス専門家のエキスパートと称賛

2.閻麗夢博士が複数のインドメディアからのインタビューを受け、ウイルスの真相を暴く

3.Sellin大佐が再び重要なツイートを発信

1.ピーター・ナヴァロは閻麗夢博士をウイルス専門家のエキスパートと称賛

★ナヴァロがバノンのWarroomのインタビューで以下の内容を述べた


 ①ウイルスの真相が徐々に明らかになるにつれ、ファウチを庇って、ウイルスの蔓延を促したメディアは責任を問われるようになる。


 ②ナヴァロは去年の1月末に、中共からのフライトの中止を支持したが、ファウチから強く反対された。その後、彼はファウチが機能獲得実験を再開していたことをリークした。


 ③ナヴァロが7つの大きな真実を述べた

  ・ファウチはNIHが武漢ウイルス研究所を支援していたことを支持していた。

  ・資金はピーター・ダザックを経由して武漢ウイルス研究所に渡っている。

  ・ファウチは武漢ウイルス研究所でウイルスの機能獲得実験を再開していた。

  ・機能獲得実験がウイルスを生物兵器に変えた。

  ・ダザックはかつて、武漢ウイルス研究所は機能獲得実験を通じて、ウイルスを改造することができると語ったことがある。

  ・未だに中間宿主が見つかっていない。

  ・ますます多くの人が、ウイルスは実験室由来であると認識している。


 ④中共ウイルスは武漢ウイルス研究所から来たことが証明された時点で、ファウチはウイルスの父であり、中共はウイルスの母であり、両方を有罪にするべきである。ファウチはトランプ政権の裏で、中共と多くの結託をしていた。


 ⑤ナヴァロは、閻麗夢博士を中共ウイルスの真実を暴いたウイルス研究家のエキスパートと称賛したと同時に、ウイルスの真相を疑ったことのあるメディアに挑戦状を叩きつけている。


◆閻麗夢博士は中共ウイルスの真相を初めて暴いた人物であり、彼女が書いた3つのレポートは高く評価されている。ナヴァロが閻麗夢博士をエキスパートと称賛したのは、閻麗夢博士のこの一年ほどの仕事に対する評価である。


ナヴァロのような大物が閻麗夢博士を高評価するのは、閻麗夢博士の専門家としての意識、勇気、正義感に深く感銘を受けたからである。


◆【路徳社リーク】閻麗夢博士はある波紋を広げる。ファウチやダザックのような米国を裏切った私利私欲の科学者らの醜い行動がすべて晒される。また、米国はさらに中共ウイルスの真相を明らかにしていく。



2.閻麗夢博士が複数のインドメディアからのインタビューを受け、ウイルスの真相を暴く

★5月10日、閻麗夢博士は4つのインド大手メディアのインタビューを受け、中共ウィルスの真実を暴露した。これはインドで非常に大きな反響を呼んだ。


◆閻麗夢博士がインタビューを受けたこの4つのメディアは、どれもインドで百万から一千万人ほどの視聴者がいる。


今、中共ウイルスから非常に大きな脅威を受けているインドが交互に閻麗夢博士を取材しているのは、インドの科学者とインドの人々の目を覚ますためである。


◆【路徳社リーク】インドはまず、必ずファウチやダザックのような中共に買収された米国科学者に照準を合わせ、そのあとイギリスも名乗り上げる。


将来的に、エリザベス女王も閻麗夢博士の業績を称えるようになり、そして、英連邦王国全体がそれに呼応する。


中共に残る道は死のみである。



3.Sellin大佐が再び重要なツイートを発信

★Sellin博士は5月11日、以下のツイートを発信した。


「Sellin大佐のCOVID-19情報部隊へ参加し、自由の中国のために戦おう。中国共産党を滅ぼそう。」


◆今回のSellin博士は軍服を着ており、彼の大佐である身分を正式に明かした。彼はさらに、みんなに彼の中共ウイルスの情報部隊への参加を呼び掛けた。


これは米国が中共ウイルスの情報部隊を設立したばっかりであることを示し、Sellin大佐が米軍情報機関のスポークスマンであることを示している。



引用:路徳社LUDE Media

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

編集:重生 校正:香柏樹

https://gnews.org/zh-hans/author/harmony/

日本語編集&翻訳:RyouTb


452回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示