検索

郭文貴Getterまとめ(5/2~5/8)


一 ウイルスについて

1.インドの今回のパンデミックは世界のすべての国々に、中共に対する認識と中共の世界に対する脅威をはっきりさせ、世界の人々の中共に対する印象の見直しとなった。


2.ブラジル大統領は基本的に「これは共産党の生物兵器である」と指摘している。


いいか?皆さん、1は2を生み、2が3を生み、3がすべてを生むことを忘れないでいただきたい。


米国の複数の主要大学がウイルスの発生源について議論している。



二 中共内部について

1.9000万人の中共党員はみんな喜連盟準備制度(ヒマラヤ連盟の準備制度)に追随する、これによって喜連盟準備制度の資金が勝手にどんどん増えていく。


2.中共国内でビットコインの取引きを禁止するのは、喜コイン(元Gコイン)の取引きを禁止するのと同じ意味を持つ。


3.世界は中共の本性を知るため、中共に注目している。今、世界はみんな共産党が中共国外に隠した財産を探している。これこそが私が話した喜連盟準備制度が大切の真意である。



三 経済について

1.中共の財政の破綻が欧米に与える脅威は新型コロナに劣らない。


共産党が彼らに金儲けをさせられなくなり、彼らの国の経済を崩壊させてしまうときが来れば、資本主義の自己中心的な考えが再びやってくる。この恐怖こそが現実の世界である。


2.中共の崩壊が世界に与える影響は、株市場の崩壊と経済の下落だけでなく、広範囲に渡って社会に影響を与え、場合によっては、20年経っても回復できないだろう。この脅威はいかなる国家にとっても、経済的、政治的、社会的の動乱となりうる。また、一連の社会問題を隠蔽する現象を引き起こす可能性もある。例えば「宗教」「種族」「貧富の差」など、最終的に政権交代、あるいは社会の混乱にまで発展する可能性がある。


3.クウェートの王子は、それまで絶対的な親共産主義者であったが、今回の中共国出張を機に、撤退させられる投資を全て撤退させた。


彼が言うに「この国の変化は恐ろしすぎる、世界のトップから一瞬でどん底に堕ちた」。


かつてこの王子に仕えていた銀行の幹部は全員逮捕され、彼と共に食事をする幹部はみんな口を開けば共産主義、社会主義は全人類を導く存在であるとほざく、完全に狂っている。


4.現在の中共国内の経済問題は不動産市場に蓄積されているが、やがて金融界で爆発するだろう。


金融の崩壊、不動産の崩壊、そのツケを支払うのは14億人の奴隷である。


5.昔は国内の上場企業の株を持って海外で資金調達をすることは不可能だったが、今は中東の銀行がそれを可能にしている。これは中共の経済と金融が崩壊寸前であることを示している。


共産党のすべての問題がある程度にまで蓄積されると、最後は一瞬で崩壊する。


6.国家開発銀行の上層部が横領したお金は、すべて仮想通貨になっていて、取り戻すことはできない。


7.わずか数ヶ月で、暗号通貨市場は数千億ドルから2.5兆ドルへ飛ぶ勢いで上がり、間もなく5兆ドルを超えるだろう。


暗号通貨が10兆ドルを超えたとき、それはもう通貨ではなくなり、人類のテクノロジー、文明、貿易、金融に影響を与える、無視できない揺るぎない力となる。


8.世界の独占は、すべて新興産業によって潰される。


9 仮想通貨は2つのルールを壊した。


一つ、どの国の政権もそれを独占できなくなったとき、不合理で、不公平な強制的な税金をあなたに課すことができなくなる。つまり、その政権は貴方への剥奪する権利を失うことを意味する。


二つ、彼らが貴方の財産を剥奪できなくなったとき、彼らは貴方の体を支配することに興味を失う。そうすれば貴方が餌食になることがなくなる。貴方の体が支配から逃れた時、貴方の言論は基本的に自由となる。


10.暗号化ブロックチェーン技術の真意とは?第一に、セキュリティ。第二に、グローバル化。第三に、アンチトレーサビリティ(追跡を不可にする)。 第四に、剥奪を不可にする。


11.世界と中共のデカップリングが始まっている。中共の三大通信会社をはじめに、さらに多くの中共国株が追い出される。


12.中国民生銀行の大口貯金は完全に引き出せなくなっている。


当年の許家印、王健林のように、多くの人が中国民生銀行の件に巻き込まれ、中共国の3分の1の民間企業が倒産するだろう。


また、中国民生銀行の件によって巻き込まれた国家開発銀行の腐敗も水面上に浮かび上がり、そのあとは各地にある商業銀行も巻き込まれ、そうすれば民間企業の半分が消えてなくなり、数百万人が巻き込まれたあと、金融システムが崩壊する。



四 Gシリーズと新中国連邦

1.私、郭文貴が新中国連邦成立1周年のとき、すべての戦友にあるプレゼントを贈る。このプレゼントは誰もつかめない、触れない、でも毎日欲しがっているものである。



五 郭文貴の金言

1.安逸は世界が共産党の邪悪を認識させられなくしている。こういうときこそ、正義が求められるときである。


2.私が何かをする場合は、まずしっかり考える、考える時間はいくらかかってもいい。考えが終われば、できるだけ早く、迷うことなくそれに取り込む。


3.結果を求めず、心の安らぎだけを求めよう。


誰かに間もなく起こることを伝える場合、みんなが貴方に賛同すると思わない方がいい、無理やり同じ考えを求めず、自分がしなければいけないことをし、結果を求めてはならない。



編集&校正:路徳社MTGチーム

日本語翻訳:RyouTb


213回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示