検索

4/5 路徳社NEWS(米国時間 4/3夜+4/4朝)


1. HBOの名司会者が番組でウイルスの実験室起源について語る

2. 元米軍情報部のSellin博士が初めて【動物継代】について言及

3. 閻麗夢博士がSellin博士のツイートを解釈

4. 米国のイラン・コントラ事件の英雄オリバー・ノース氏「中共ウイルスは生物兵器そのものである」

5. 日米印豪仏が合同軍事演習を実施

1.HBOの名司会者が番組でウイルスの実験室起源について語る

★HBOの名司会者Bill Maher氏が番組でゲストたちと共に、中共ウイルスの実験室起源について議論した。


◆FoxとCNNは米国で最も視聴されているニュース番組だが、Bill Maher氏のトークショーは純粋なバラエティ番組である。バラエティ番組ですら中共ウィルスの真相について語り始めたことから、米国ではすでに中共ウィルスの真相についての議論を全面的に初めていることが分かる。あと何日かすれば、【NBA】や【NFL】からも誰かがウイルスの実験室起源について語る可能性がある。



2.元米軍情報部のSellin博士が初めて【動物継代】について言及

★元米軍情報機関のSellin博士は4月4日「中共ウイルスは【ヒト化抗体】された動物モデルの世代を重ねることで、人間への感染にあらかじめ適応したのではないか」とツイートした。

この分野を専門とするDeng Hongkui(鄧宏魁)とQin Chuan(秦川)博士から調査しなければならない。

これに加えて、Sellin博士は中共ウイルスを超限戦的生物兵器と呼んだ。


◆Sellin博士は初めて【動物継代実験】について公言した米政府関係者である。閻麗夢博士の第1回目の報告書の19ページのパート5の中で「中共はまず【ヒト化抗体】した動物モデルを作り、その後、一連の【動物継代実験】によって中共ウイルスを培養し、ウイルスが自然に発生したかのような偽りの姿を世界に与えることができるようにさせた」と明確に記載されている。


◆【動物継代実験】は中共軍の教材である【SARS非自然起源とヒトがヒトを制する新種遺伝子ウイルス兵器】の中で事細かく記載されている。中共ウイルスはこの本の中に描述している【現代の遺伝子兵器】そのものである。


◆Sellin博士のツイートは米軍情報機関が閻麗夢博士の報告書に書かれている論点を認可したことを意味する。



3.閻麗夢博士がSellin博士のツイートを解釈

◆【humanized animals (esp. human ACE2 )】は【ヒト化抗体動物モデル】とも呼ばれ、マウスのACE2受容体を遺伝子編集によってヒトのACE2受容体に置き換え、人間を使った実験ができない場合において、最も効果的かつ便利な方法である。実験環境では、ヒトACE2受容体を持つマウスをウイルス感染させ、最も毒性の強い毒株を選別したあと、【動物継代実験】を通じて中共ウイルスを作り出している。


◆Deng Hongkui(鄧宏魁)教授は北京大学生物科学院の教授であり、【Nature】が発表した2019年の科学者トップ10にランクインした、唯一の中共国出身の科学者である。Qin Chuan(秦川)博士は中共国医学科学院、北京協和医学院の医学実験動物研究所の所長で、動物モデルと実験医学の管理者である。彼女は同研究所の軍民融合プロジェクトの動物系統資源データベース【LasDB】をリードしている。


◆Sellin博士がこれらの中共国のウイルス科学者をリストアップしたのは、これらの科学者が最も得意とする研究技術は、すべて中共ウイルスの設計と改造に使われ、中共ウイルスには様々なウイルスの特性が含まれていることを人々に知らせるためである。



4.米国のイラン・コントラ事件の英雄オリバー・ノース氏「中共ウイルスは生物兵器そのものである」

★元米国ライフル協会会長で、元米国国家安全保障会議メンバーのオリバー・ノース氏はインタビューで「次の戦争は敵から仕掛けて来る。それは中共か中共の代理人であるイランや北朝鮮が、中共ウイルスのような生物兵器を使って始めるだろうと語った。もしこれは中共が仕組んだ生物兵器の攻撃でないなら、なぜ中共は最初の症例が10月にすでに現れたことを世界に公表しなかったのだろう?中共は2020年1月末に武漢をロックダウンしたが、武漢から世界へのフライトを止めなかった意図はなにか?」。またノース氏は「中共内部では早い段階から予防のためにヒドロキシクロロキンを服用していたが、世界に対してヒドロキシクロロキンは効果的な薬であることを知らせなかった。また、米国メディアもトランプ大統領が実施した様々な禁止令について圧力をかけ、WHOも中共のためにパンデミックの真相を隠蔽した」と述べた。


◆このインタビューを受けたノース氏は米国の歴史上において非常に有名な人物である。彼はイラン・コントラ事件の最重要な実行者であり、その後米国ライフル協会会長に就き、【米国の父】と称賛されている。ノース氏がイラン・コントラ事件でレーガン大統領の罪を被った行為からも分かるように、彼は米国に対し非常に忠誠な軍人である。彼の背後にある勢力は非常に強大で、そのためレーガン大統領の罪を被ったあとも、彼は判決を受けていない。


◆郭文貴は何度もライブ放送で、米国ライフル協会は米国の大統領選挙に直接影響を与えることができる組織であると話したことがあり、米国ライフル協会こそが米国の沼地の力の一つであり、巨大な資金力を持っている。この組織は滅共を推動するメインな力でもあり、ノース氏は米国の沼地にいる中心的な人物である。


◆ノース氏は軍情報機関に多くの弟子がおり、かつてテレビ番組で司会をも務めたことがある。彼が中共ウイルスは生物兵器と述べた今、ライフル協会の会員、彼のファンや弟子たちの多くは、中共ウイルスは生物兵器であると彼に追随するだろう。



5.日米印豪仏が合同軍事演習を実施

★4月1日のAFP通信によると:フランス軍が主導する多国籍合同演習【ラ・ペルーズ】では、日本の海上自衛隊、米国およびオーストラリアの参加に加え、インドが初めて参加したという。


◆この演習は大規模な共同軍事演習で、NATOがアジア太平洋連盟と初めての軍事演習であり、滅共のための準備の演習である。


◆フランスと中共国の外交関係はずっと非常に緊密であった、中共国の旧友も反目し始めていることから、中共国の状況が非常に深刻であることが分かる。ますます多くの西側諸国とアジア諸国が滅共の勢力に加わろうとしている。



引用:路徳社LUDE Media

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

編集:重生 校正:香柏樹

https://gnews.org/zh-hans/author/harmony/

日本語編集&翻訳:RyouTb


365回の閲覧3件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.