検索

米国時間2/25 路徳社NEWS


1.中共は余茂春が漢奸(売国奴)であると大々的宣伝

◆ポンペオの秘書である余茂春は中国育ちであり、中国語のレベルが非常に高いのはもちろん、中共文化をもよく分かっている。そのため、爆料革命がリークした中共軍出版の「SARS非自然由来と人が人を制する新型遺伝子ウイルス兵器」の内容をすぐに理解し、ポンペオにリアルタイムで伝えることができた。これは中共にとって大きすぎる脅威である。


◆中共体制下の中国人は「漢奸」に対して非常に憎しみを持っている。中共は余茂春を漢奸と宣伝することで、余茂春を漢奸に仕立て上げ、中国人に余茂春への憎しみを煽ろうとしている。中共は将来必ず滅ぼされる、そんな余茂春氏は中華民族にとっての英雄であり、漢奸ではない。


◆日中戦争のときから、中共は内部対立を煽るために人々を二つの派閥に分け、中共の言う通りにしない者はすべて「漢奸」にされた。今の中共も同じように、反共的な人々を漢奸にすることで、漢奸に対する中国人の憎しみを煽っている。このことから分かるように、中共は大きくなっている反共勢力を非常に怯えている。


◆14億の中国人は70年にも及ぶ中共の洗脳を受け、自ら中共の奴隷になろうとしている。天安門事件のときでは、まだ多くの若者が自由、民主、法治のために立ち上がっていたが、今の中共国にはもう当時のような愛国運動は起こらない。人類にとって大事なのは従順ではなく、勇気である。勇気があったからこそ、人間は自由を勝ち取り、法治を勝ち取り、民主を勝ち取った。



2.「トランプ大統領が旅行禁止令を出した裏側」について、ナヴァロがツイート

◆バノンは以前、トランプ大統領が1月末に米中間の旅行禁止令を出せたのは、彼が法制基金の会議で中共ウイルスがまもなく感染拡大することを知ったからと述べていた。トランプ大統領はその情報を知った後、米中間の旅行禁止令を出した。ナヴァロはインタビューで、路徳社の情報の正確性を検証した。


◆2020年1月23日の法制基金の会議は一ヶ月も前から準備されていた。路徳は法制基金の会議でバノンに中共ウイルスの真相を伝えたが、バノンは最初その情報はさすがに過激すぎると思っていたという。


◆中共が突然武漢をロックダウンしたあと、バノンはすぐに路徳の情報を信じ、閻麗夢博士が語った中共ウイルスの経緯も含め、ホワイトハウスに伝えた。



3.オランダ議会が中共をジェノサイドに関する拘束力のない法案を可決

◆オランダ議会で可決されたこの議案は拘束力を持たない議案だが、中共は新疆ウイグルでジェノサイドを犯したと、オランダ議会はそれを明確にした。


◆オランダはヨーロッパで初めて、中共が新疆ウイグルでジェノサイドを犯したと認定した国となり、西側諸国は次々追随するだろう。


◆オランダ首相はこの決議で反対票を投じたのだが、彼には当議案を否定する権力を持っていない。イギリスとオランダのような立憲君主制はこのような特徴がある、首相は議会の投票に参加できるが、結果を否決する権力を持っていない、これは米国の制度と異なるところである。


◆オランダのASML社は半導体露光装置を販売する世界最大手企業である。これからオランダ議会は今回の法案を理由に、中共国のチップ産業を制裁することができるようになる。これは中共のハイテクノロジー企業にとって厳しい打撃となるだろう。また、オランダは国際裁判所の所在地でもある。


◆駐オランダ中共大使館は、すぐにオランダ政府の行為を非難した。中共大使館報道官の非難はカナダと大体同じであり、意味がない上、オランダ議員を不機嫌にしただけである。


◆中共ウイルスの由来と、新疆ウイグルでのジェノサイドはすでに中共と西側諸国の関係を決定づける基準となっている。現在、中共が取っている一連の反撃と宣伝を見れば、中共は自らを窮地に追い込んでいる。



4.ホワイトハウスは、未だに米国が北京冬季五輪に参加するかどうかの決定を出していない

◆もしバイデン大統領が北京冬季五輪への参加を選択した場合、米議会は立法投票で大統領の決定に拒否権を行使することも可能である。なお、中共が新疆ウイグルでジェノサイドを犯したことについては、米議会はまだ採決を行っていない。


◆一旦西側諸国が国会で中共のジェノサイドを認定すれば、彼らは北京冬季五輪のボイコットを含め、実際様々な行動に移すようになるだろう。それに続き、新疆ウイグルの被害者が米国の裁判所で中共を起訴すれば、米国の司法機関はそれを理由に中共の海外での資産を凍結し、被害者に補償を与えることができるようになる。



引用:路徳社LUDE Media

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

編集:重生、小虫 校正:香柏樹、無花果

https://gnews.org/zh-hans/author/harmony/

翻訳:RyouTb


807回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示