検索

米国時間2/21 路徳社NEWS


1.中共が「人道に対する罪とジェノサイド」を全面的に否定

◆中共報道官華春瑩は「一部の人」と「一部の政治家」が中共を「人道に対する罪とジェノサイド」に認定したと発言したが、中共を「人道に対する罪とジェノサイド」に認定したのは米国政府であり、オーストラリアも同様である。また、カナダやイギリスの国会は今、この件について決議している。


◆華春瑩は外国人に新疆ウイグルへ行ったことがあるのか?そこで真実を目にしたのか?と述べているが、これは中共外交の常套手段である。外国人が新疆ウイグルへ行くことはほぼできない、自由に歩き回ることはなおさらである。もし中共は新疆ウイグルで強制収容所を作っていないのなら、新疆ウイグルのドアを開き、外国の友人たちを自由に出入りできるようにしてもらいたい。


◆華春瑩が発言の中、カナダとオーストラリアもかつてジェノサイドを引き起こしたことがあり、中共を指摘する資格はないと述べた。西側諸国の指導者はかつて犯した罪に対し反省、懺悔、謝罪をしている。しかし、中共は未だに事実を認めない上、隠蔽しようとしている。


◆米国はすでに中共が新疆ウイグルで犯した「人道に対する罪とジェノサイド」についての確たる証拠を持っている。また、新疆の強制収容所から逃れた者が中共の新疆ウイグルでの様々な犯行を証言している。


◆中共はポンペオが認定した「人道に対する罪とジェノサイド」に対する反応を一か月遅れに見せたのは、中共は元々一ヶ月もあればバイデン政権をものにできると思っており、バイデンらにこの訴えを取り下げてもらえると考えていたからだ。しかし、バイデンはそれを解決できなかっただけでなく、世界からどんどん追及されるようになったため、中共は国家報道官を通じて批難と論弁をしている。


◆路徳社が中共外交部の反撃について語る

 ①事実に関係なく、とにかく否定する。

 ②真相をすり替えるために別の事件を作り出し、その事件の真相を中共が解明する。

 ③中共側のいわゆる専門家たちに、自分たちのために弁論させる。

 ④事実を否定させるために浸透する。


◆習近平は、党内の敵対勢力が「人道に対する罪とジェノサイド」に認定されたことを理由に、自分が退位させられることを最も心配している。BBCとCNNの報道を見たあと、習近平はこれらが江沢民勢力の仕業だと分かり、現在お互いの争いが白熱している。


◆中共が「人道に対する罪とジェノサイド」に認定されたことについて、バイデンがそれを否定したところで、それは政治的であり、中共が新疆ウイグルで罪を犯しているという事実を否定することはできない。これを解決するためには、ポンペオ自身が前言撤回するか、中共が米国を滅ぼすしかない。閻麗夢博士が発表した中共ウイルスの論文も同様、誰が否定しようと事実は変わらない。


◆西側の国々は何千年もの歴史を経て、世界のルールを作り出した。今の中共は世界のルールに従わなければならない。なぜなら、相手は先進的で、文明的だからだ。中共が世界のルールを作り出せるのなら話は別だが、しかし中共は国民に対して非常に厳しく、自由と民主のない体制の下では人々は新たなものを生み出すことはできない、人類の文明に対して貢献することはできない。中共はこれからも世界のルールの中で自分のルールを押し付けるのなら、その結果は自滅である。



2.米国が95歳の元ナチス強制収容所職員を強制送還

◆ナチス強制収容所でユダヤ人を迫害した95歳のFriedrich Karl Bergerが人道に対する罪で強制送還された。人道に対する罪とジェノサイドの罪は死ぬまで遡及されるため、世界のどこにいようと裁かれる。彼はドイツまたはイスラエルで審判を受け、最終的に間違いなく有罪となる。


◆このように、中共が人道に対する罪とジェノサイドを犯したと世界から認定され、すべての人々が中共を憎むようになったとき、中共は必ず滅ぶ。


◆爆料革命、路徳社がこのことを報じたのは、中共党内の者に警告を発しているためである。中共がこの戦争に勝てると勘違いしない方がいい、あなたたちと家族が将来裁かれることを回避するためには、立ち上がらなければならない。


◆米国はすでに中共を人道に対する罪とジェノサイドに認定している。将来被害者が中共を訴えれば、中共は必ず負ける。そして中共の海外での資産は凍結される。



3.中共がハンブルク大学のWiesendanger教授を中傷し始める

◆Wiesendanger教授はドイツの物理学界では非常に高い影響力を持っている。彼が出した論文は「中共ウイルスは実験室由来である」と伝えるためである。その影響を受け、真相について語る者が次々と現れている。これこそが「中共ウイルスは実験室由来である」という概念を人々に伝える手法である。なぜなら、将来陪審員に中共の罪を決めさせる投票が必要だからだ。


◆中共は長い期間、西側諸国の「完全犯罪」について研究している。つまり、犯罪を犯しても裁かれない方法の研究である。そのため、中共ウイルスの開発は継代実験を基準に、自然由来であるように見せかけている。また、裁判を逃れるため、中共は海外のプロパガンダ機関、慈善家、政治化、投資家を買収し、それらを利用して事実を隠蔽させている。


◆こんな中共の邪悪な行為を、爆料革命は暴かれ続けなければならない、中共の邪悪を暴き続けることで、全世界の人々の目を覚まさなければならない。



引用:路徳社LUDE Media

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

編集:迦密 校正:西奈

https://gnews.org/zh-hans/author/harmony/

翻訳:RyouTb


788回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.