検索

米国時間2/17 路徳社 ナイトNEWS


1.バイデンの「中共の大量虐殺は文化的なしきたりである」という恥知らずな発言への反撃

◆バイデンがCNNの番組で「中共が新疆ウイグルで犯したジェノサイドは人権的な問題ではなく、中国文化のしきたりである」と発言。


◆バイデンは中共が新疆ウイグルで犯した様々な罪は中国文化のしきたりだと思っているようである。彼はどうやら懸命に中共政府に媚を売っているようだ。バイデンのこの発言が報道されてから、全世界から強い批判が寄せられた。


◆バイデンの発言は中共と中国をごちゃ混ぜにしており、大量虐殺が一つの国のしきたりであるわけがない。我々はバイデンが、中共が新疆ウイグル族の人々を虐殺したことを、中国国内の二つの民族間の争いにおける文化的なしきたりという認識を決して許すことはできない。バイデンのこの発言は全世界の華人への侮辱であり、中国人への人種差別である。


◆バイデンのこの発言は間違いなく旧正月、習近平と2時間通話したとき、習近平からの悪知恵である。間違いなくバイデンは習近平からこれは中共国の内政であり、中共自身で解決できる問題である、だから米国は干渉しないようにと言われている。


◆バイデンが就任してわずか1ヶ月、すでに中共のために言い訳をしたり、結託をしようとしている。このことは再び、バイデンという米政界の古狐の醜悪な正体を露呈させた。


◆爆料革命は絶対にバイデン政府と中共が結託し続けることを許さない。バイデン政府が中共と結託しようとするならば、我々はすべてを徹底的に暴いていく、絶対に容赦しない。



2.アントグループの上場廃止で習近平VS江沢民が白熱している

◆アントグループの株主への調査で、その裏には数えきれないほどの中共ファミリーの利権団体がいることが分かった。その中には曾慶紅と江沢民の二大家族も含まれている。


◆習近平が自ら命令を出さなかったら、アントグループが上場廃止に追いやられる可能性はない。習近平が中共ファミリー勢力の資金源を断ち切ったことからも分かるように、習近平と江沢民の戦いは白熱化している。


◆郭文貴がライブ放送で、アントグループの持ち株主には習近平派閥の人がいないことを伝えたことがある。習近平の存在は、江沢民にとって相変わらず眼中にないため、習近平はそれを非常に憤っている。そのため、アントグループの香港と国内での上場を廃止した。


◆アントグループの推定額は1080億ドルまで下落し、去年の3200億ドルから約66%下がっている。しかし、2018年にアントグループに投資した世界の投資家たちは、アントグループが上場廃止されたせいで140億ドルの資金を取り戻せないでいる。江沢民は世界の資本家と習近平の対立を煽るため、海外メディアを使ってこのことを報じさせ、習近平に圧力を与えようとしている。


◆習近平は必ずこの後反撃するための行動を取る、中共の新旧両勢力の本格な戦いが全面的に始まった。


◆郭文貴は四年前、すでに中共にあ南普陀計画があり、江沢民と習近平の間には必ず争いが起こるとリークしていた。習近平は傀儡そのもので、本当の後継者は韓正である。今の江沢民勢力は習近平を滅ぼそうとしている。中国の本当の力を持つ沼地こそが江沢民と曾慶紅ファミリーである。


◆これがなぜ習近平が影武者を表舞台に立たせ、自分は未だに顔を出せない本当の理由である。現在の状況は習近平にとって非常に不利であり、習近平が信用できる人は非常に少ない。習近平の肉体さえ滅んでしまえば、彼の勢力は自然と散っていく。


◆バイデン就任後、習近平はバイデンと共に海外にいる敵対勢力を滅ぼすことができるようになった。習近平の性格からすれば、彼が引き下がることは絶対にない。


◆逆に江沢民と曾慶紅と孟建柱は数十年をかけ、政治的な同盟を形成している。彼らの勢力は国内外に散らばっており、身を隠している。中共の内部闘争の結果は、あと何ヶ月もすれば明らかとなるだろう。



引用:路徳社LUDE Media

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

編集:小虫 校正:無花果

https://gnews.org/zh-hans/author/harmony/

翻訳:RyouTb


1,053回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.