検索

米国時間2/16 路徳社 ナイトNEWS


1.トランプがマコーネルを非難する声明を発表

◆トランプ大統領のこの声明は、以前の爆料革命のリークを検証している。去年の11月3日、大統領選挙が終わったあと、マコーネルがトランプ大統領と会談し、自分を上院に居続けさせるようトランプ大統領に懇願した。


◆しかし、マコーネルは依然中共国と多くの取引があり、このタヌキおやじは、最終的にトランプ大統領の支持のおかげで上院での議席を確保できた上、中共国での利益をも確保することができた。トランプ大統領のこの声明は政治家として、マコーネルの薄汚い行為を暴くためである。


◆マコーネルは、もし自分が上院で共和党のリーダーという地位を失えば、彼の党内での影響力がなくなることをよく理解している。そうすれば中共も彼と協力することがなくなるため、マコーネルはトランプ大統領を騙すために力を懸命に発揮した。路徳社は1月20日もマコーネルはトランプ大統領を騙し、最終的に彼の約束を守らなかったと報じた。その背後にある本当の黒幕は中共である。


◆爆料革命はトランプ大統領に、大統領選挙の前に中共ウイルスを生物兵器に定義しなければならないとアドバイスし、でないと彼は大統領選挙に負けると提言した。しかしトランプ大統領は米国の沼地を過度に信じ、バノンの意見を聞き入れなかったことが彼の落選を招いた。


◆2020年の米国大統領選挙を経て、トランプは米国共和党の建制派と中共の本性を目の当たりにした。この声明は共和党に向けたものである、もし建制派が改革しなければ、マコーネルを弾劾しなければ、トランプ大統領は引き続き共和党に協力することなく、新たな党を立ち上げることを意味している。トランプ大統領は、もし共和党の建制派に譲歩した場合、彼らはさらに図に乗ることを認識している。



2.サウスチャイナ・モーニング・ポスト新聞が閻麗夢博士を誹謗中傷するつもりが、逆にボロを出す

◆サウスチャイナ・モーニング・ポスト新聞は馬雲が支配しているメディアである。中共は米国の左翼メディアが自分らのために閻麗夢博士を攻撃したくないことを悟ったため、仕方なく自分らのメディアを使って閻麗夢博士を攻撃しざるを得なくなった。


◆中共メディアが閻麗夢博士を攻撃すればするほど、閻麗夢博士にとって有利となる。サウスチャイナ・モーニング・ポスト新聞のこの文章も相変わらず、閻麗夢博士の論文の中で述べられている論点と証拠を覆すような内容ではなく、只々、閻麗夢博士に反中のレッテルを貼り続けているだけであった。


◆サウスチャイナ・モーニング・ポスト新聞の文章では「事実上、2019年12月末、香港のトップ微生物学者袁国勇教授が香港保健省長官に対し、武漢で起きたパンデミックに注意するよう警告を発し、その爆発的な感染力とSARSに似た症状、ヒトからヒトに感染する可能性についても述べている」という。


◆香港大学は一番早く武漢ウイルスについて認識していたとしても、彼らは記者会見を開いていない上、WHOに状況報告をもしていない。


◆袁国勇は「2003年の経験からすれば、中共ウイルスがパンデミックになることはない」とはっきり言っている。これは明らかに香港の専門家たちが中共のために真相を隠蔽していることを、自ら認めているようなものである。


◆また文中では、香港大学衛生学院院長兼WHO事務局長補である福田敬二は、かつて閻麗夢博士に中共ウイルスに対する言論を撤回するよう、内部通告を出していたことについて触れている。しかし、それからすぐ福田敬二も香港大学衛生学院院長の座から離れた。


◆閻麗夢博士は路徳社の1月19日の放送で、はっきりと中共ウイルスには5つの特徴があると話していた「ヒトからヒトへ感染する」「感染爆発する」「突然変異力が高い」「中共がパンデミックを隠蔽している」「ウイルスは中共の実験室由来である」。今では、前の4つが証明されている、残りは最後の「実験室由来」だけである。


◆第一次世界大戦は科学の戦争であった、第二次世界大戦は原子力の戦争であった。第三次世界大戦は間違いなく超限戦生物兵器の戦争となるだろう。閻麗夢博士の論理は新たな戦争の理論の基礎となるだろう。


◆閻麗夢博士が事前にウイルスの真相を暴いたおかげで、数えきれないほどの人々が救われた。真相が最終的に実証されれば、いわゆる権威の認識や倫理、そのすべてが書き換えられるだろう。



引用:路徳社LUDE Media

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

編集:小虫 校正:無花果

https://gnews.org/zh-hans/author/harmony/

翻訳:RyouTb



910回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示