検索

3/28 路徳社NEWS(米国時間 3/26夜+3/27朝)


【1】前アメリカ疾病予防管理センター(CDC)所長がCNNの番組で、ウイルスは中共の研究室由来であると発言

【2】 キッシンジャーが「世界は第一次世界大戦以前の時代に突入する」と言った理由

【3】 WHO調査報告の再延期

1.前アメリカ疾病予防管理センター(CDC)所長がCNNの番組で、ウイルスは中共の研究室由来であると発言

★トランプ政権下のCDC長官はCNNのインタビューで、中共ウイルスは実験室由来であると明確に述べた。これは元政府高官、ウイルス学の専門家など複数の情報源からのものであり、前所長個人の意見ではないことをCNNは特に強調した。CNNはまた、武漢ウイルス研究所は長い期間蝙蝠のコロナウイルスを研究していたと報じた。ブルームバーグ・ニュースなどの左派メディアもこれを報道した。


◆爆料革命路徳社は、世界でまだ62件の感染しかなかったときから、このウイルスは「ヒトからヒトに感染する」「パンデミックを引き起こす」「強い変異力を持っている」「中共はウイルスの真相を隠蔽している」「ウイルスは中共軍の実験室由来である」と報じた。今、これらは一つずつ検証された。


◆閻麗夢博士が最初に、中共ウイルスは実験室由来であると論文を書いたとき、CNNは閻麗夢博士を攻撃していた。しかし、中共ウイルスは実験室由来であることが真実であるため、CNNが今それを報じている。


◆バイデン政府が誕生したときから、両党は滅共の新時代に突入した。右派勢力はすでに中共ウイルスが中共軍の実験室由来であることを分かっており、今は左派の世論を待っている状態である。世論が整いさえすれば、米国は本格的に動き出すだろう。



2.キッシンジャーが「世界は第一次世界大戦以前の時代に突入する」と言った理由

★元米国務長官キッシンジャー(Henry Kissinger)は、米国は中国との安定を確保するため、新しい世界秩序についての理解を深めなければならない。そうしなければ、世界は第一次世界大戦前のような危険な時代に突入すると述べた。


◆1970年代に登場したキッシンジャー主義は「経済開放と貿易を通じ、中共国の経済を活性化させ、それによって中共国を民主主義社会に導こうとしていた」。しかしここ数十年、中共が行ってきたことは、キッシンジャー主義の失敗を検証するものであった。中共国の経済の勃興は、中共をソ連以上の敵にさせ、米国の国家安全保障を脅かす深刻な存在にした。


◆キッシンジャーの発言から「彼は米中間が争っているのは利益であり、お互いを攻撃し合うような関係ではないと思っており、現在の米中関係にとって最大の問題は、中共ウイルスであり、もし中共が率先して中共ウイルスの問題を認めれば、米中関係が良好な状態に戻る可能性がある」ことが分かる。


◆この時期にキッシンジャーが米中関係の穏健化に名乗りを上げたのには、いくつかの重要な理由がある。まず、米中関係は歴史上最も冷え込んだ時期であること。次に、米中関係にはまだ、ほんの少し緩和できる気配が漂っている。


◆キッシンジャーが完全に中共側に傾けることはありえない、彼は米国の親共派を代表してこのような態度を示している。米国の親共派勢力は1月20日まで、世界にある偽りの姿を見せていた。それは、中共国に買収されたこの勢力は中共側を一方的に支持する姿である。しかしバイデン政権が始まると、形勢は完全に逆転した。このことから、米国の親共派勢力は以前、中共を利用し自分たちの利益を図っていただけであることが分かる。


◆キッシンジャーの背後にある勢力は非常に大きく、この勢力には政治的な陰謀がある。もしこれは利益分配の偏りによるものなら、キッシンジャーは今左派勢力を代表し、中共にチャンスを与えているだろう。中共もこれを機会に、利益を与える可能性が高い。これは中共にとって唯一のチャンスになるだろう。



3.WHO調査報告の再延期

★WHOは金曜日、中共ウイルスの感染源調査に関する報告書が完成したと発表した。しかし、公表する前に加盟国による検討と議論(consideration and discussion)が必要であるとした。またWHO関係者は、この調査は独立したものではなく、WHOと中共の共同プロジェクトであることを強調した。


◆WHOは2度にわたって中共国に出向き、ウイルスの発生源に関する真相を調査したのにも関わらず、今回の報告書は加盟国で議論する必要があると発表している。このことから、この報告書は政治的な目的があることが分かる。


◆WHO関係者が、この報告は中共国との共同プロジェクトであると強調していることから「中共国がこの報告書の内容に影響を与えていること」を暗示していることが分かる。つまり、この報告書は滑稽な報告書であり、西側諸国に認められないものであることを予測できる。



引用:路徳社LUDE Media

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

編集:重生、小虫 校正:香柏樹、無花果

https://gnews.org/zh-hans/author/harmony/

日本語編集&翻訳:RyouTb


611回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.