検索

今回の米国の選挙は、米国の全ての問題の根源は中共にあることが証明された。トランプ大統領は勇気を持って立ち向かったため、彼らに嫌われている



今ビックテック、主流メディア、政府、更には芸能人までもがバイデンが当選したと誘導すると同時に、選挙での不正を隠蔽している。


米国が独立革命以来、最大の危機に直面している。


我々の建国の父は政府を監視する表現と報道の自由がなくなった時が、私たちの民主主義が失われるときだと知っていた。


真実をお話ししよう。


共産中国、ロシア、キューバ、北朝鮮から逃れた人々は壁に書かれたメッセージが見えるだろう。


1963年、共産党の米国転覆計画は議会記録にすでに登録されていた。


それには「片方或いは両政党を奪う」、「メディアを浸透せよ」つまり、ラジオ、TV、映画の要職を支配することである。


今回の選挙後、これらの目的が達成された事は明らかである。


これを調べれば調べるほど、全てが中国、具体的には中国共産党(CCP)に繋がっている事が分かる。


AMCシアターズやレジェンダリー・ピクチャーズ、ハリウッドを支配しているのは誰か?


その通り、CCPだ。


WSJ、NYTを含む主流メディアにプロパガンダをするための大量の資金を提供しているのは誰か?


CCPである。


バイデン家に何十億ドルも提供したのは誰か?


そう、CCPだ。


何故バイデンがメディアから寵愛されているのかは、これで分かっただろう。


反対にCCPにとって頭痛の種は誰か?


彼らの横暴な貿易手法に立ち向かい、何十億ドルもの関税を設けたのは誰か?


彼らの製造業の要を壊し、米国の製造業と仕事を国内回帰させたのは誰か?


米国の知財権の略奪を止めたのは誰か?


宗教の自由を侵害する者に厳罰を科したのは誰か?


最後に勇敢にもCCPが世界を災難に陥れているウイルスを隠蔽した事を直言したのは誰か?


トランプ大統領だ。


これで彼らがトランプ大統領を嫌う理由が分かっただろう。


彼らはずっと米国を狙っていた。


貴方と私を何十年も狙っていた。


彼らの計画はほぼ完了していた、トランプ大統領が遮るまで。



今回の米国の選挙は、米国の全ての問題の根源は中共にあることが証明された。トランプ大統領は勇気を持って立ち向かったため、彼らに嫌われている
.mp4
MP4 • 31.68MB

700回の閲覧0件のコメント