検索

12/24 路徳社 ナイトNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.トランプ大統領国防授権法を否決

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆当法案はビッグ・テック企業を守る230条の取り消しを含んでおらず、さらに軍部から同盟マークを削除しようとしたことが否決される理由の一部である。


◆当法案には国家安全保障上の重要な措置が含まれておらず、退役軍人と軍の歴史を尊重していない条項が含まれている。


◆法案にはウクライナに対し、米国からの武器の輸入を許可しており、中共がずっと最先端の武器と科学技術を東欧の諜報拠点として機能しているウクライナから輸入していた。


◆この法案は中共とロシアへの「プレゼント」だと判断されたため、否決された。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.230条は国会議員の意向を調べている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆国防授権法案は50年以上連続で通過していたが、今回のトランプ大統領の拒否権はまさに、米下院と上院の議員にとっての試練である。


◆法案を撤回するためにはトランプ大統領に、たった1/3の人が否決権に賛同すれば、法案を撤回することができる。


◆この230法案は、国会は本当にトランプ大統領に従っているのかどうかを試しているようなものである。


◆米国の歴史上、議会が大統領の拒否権を否決した回数は10%にも満たない。今回トランプ大統領が勝てば、ナンシー・ペロシー下院議長は握っている権力を基本的にすべて失う。


◆1/3の力を使って、2/3の議会をこじ開けるのは政治的な知恵である。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.閻麗夢博士の報告はすでに正確に検証された

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆バノンがWarRoomで閻麗夢博士へのインタビューをした際、閻麗夢博士が提出した中共ウイルスの報告書はすでに正確に検証されたと述べた。


◆ジャックが勇気は二種類あると話した。一つは肉体レベルの比較的に簡単なもので、もう一つは道徳の面において、非常に難しいものである。閻麗夢博士の勇気はこの非常に難しい道徳の面での勇気である。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.バノンが正念場でも相変わらず冷静にホワイトハウスの候補者を選ぶ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆パウエルがホワイトハウス入りできなかった理由についての確かな情報によると、それはバノンが会議の際にそれを否決したためである。なぜなら、パウエル氏はトランプ側の人間であるため、例え確たる証拠があったとしても、彼女は上下両院の圧力に耐えきれないからである。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.NATOが中共に対応するための新同盟報告書を発表

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆この動きは中共のヨーロッパ本土勢力圏への長期的な侵攻に対する反撃である。


◆ヨーロッパでは最初から陸軍をメインとしているため、中共の脅威に対しては潜水艦や艦隊、飛行機など、米軍と協力する必要がある。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:童谣 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1,743回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示