検索

12/24 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.トランプ大統領の重要な演説:選挙制度への信仰と信頼は米国の民主主義の基盤である

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ大統領は22日、10分間をかけて、不正選挙についての証拠の氷山の一角を挙げた。


◆今回の不正選挙の操作は、2016年から、民主党、ビッグ・テック、メディアが計画していた最終的なステップである。


◆演説では、明確にバイデン一家が中共から数億ドルの金銭賄賂を受け取っていたことを明らかにした。


◆トランプ大統領は選挙の制度に対する信仰と信頼は米国の民主制度の基盤であることと述べた。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.「トランプ大統領が民主党の新型コロナ経済対策法案を糾弾し、破棄!」その何億ドルもの支出が実際には外国の特別利権団体に割り当てられている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆この法案には、カンボジアへの援助に8550万ドル、ビルマへの援助に1億3400万ドル、エジプトとエジプト軍への援助に13億ドルが含まれており、これらの援助のほとんどがロシアの軍事設備の購入に使われる。


◆パキスタンの民主主義とジェンダー計画に2500万ドル、コスタリカ、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、パナマに5,500万ドル。


◆ワシントンの営業していないケネディセンターに4000万ドル、開放していないスミソニアン博物館とナショナル・ギャラリー・オブ・アートに1億5400万ドル。


◆アジアの鯉対策に2500万ドル、メキシコ湾のアンバージャックの個体数対策に250万ドル。


◆詩の制作技術に300万ドル、連邦捜査局(FBI)に200万ドル、5億6600万ドルを建設プロジェクトに。


◆法案では、不法移民もこの奨励金を利用できるようになっており、1人最大1,800ドルまで受け取ることができる。これは米国の合法的な納税者に与えられる600ドルの助成金よりはるかに多い。


◆彼らが米国の中小企業に与える助成金はまったく足りてなく、特に新型ウイルスによる大きな打撃を受けたレストラン経営者に対して足りていない。トランプ大統領は倒産したレストラン経営者へのインセンティブの延長を示唆している。


◆国会では、外国のロビー活動や外国の特殊利権団体のために大量の資金を集めた。それと同時に、米国本土で納税している国民に対しては最低限の資金しか使おうとしていない。


◆トランプ大統領は、新型コロナは米国人の過ちではない、中共国の過ちであると述べ、国会にこの法案を修正することを要求し、600ドルという低すぎる支援金を2000ドルもしくは夫婦で4000ドルにまで上げることを求めた、さらに国会に対し法案中での浪費的な部分と不必要な条項の廃止を求めた。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.救済法の第5893ページに「大統領の暴動法使用権限の無効化」という極悪な条項が隠れていた

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆民主党が提出した新型コロナ経済対策法案は、なぜか大統領のテーブルに置かれている、今年の夏に提出した物の内容と異なっている。


◆外国への巨額の援助や意味のない条項だけでなく、5893ページに「大統領の暴動法使用権限の無効化」という極悪な条項が隠されていた。


◆もしこのまま暴動法を執行しないのなら、大統領が暴動法を使う機会すらやってこないだろう。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.習近平が再び食糧問題を強調、中共の食糧危機が再び暴露される

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆習近平が「1兆2000万億平方メートルの耕地があることを忘れず」、「種子と耕地の問題を解決せよ」と再び食糧問題について言及した。


◆中共党大会では、「食品廃棄物対策法」の草案が22日、第13回全国人民代表大会常務委員会の第24回会議で正式に提出され、審議を受けた。


◆中共がデータを使って中共国内の人々に食料問題の安全性を示す一方、食糧の浪費を罰する法律を立法することから、中共国の食糧危機がすでに進行していることが分かる。


◆2年前路徳社が中共国の食糧危機について言及したことの正確性が再度証明された。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.香港「林鄭月娥が中共国の科興控股生物技術、米国のファイザー、イギリスのアストラゼネカなど3社から2250万回分のワクチンを購入。ワクチンの総接種回数は香港の総人口の3倍を超えている。」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆林鄭月娥は中共国の科興控股生物技術から750万回分のワクチンを購入した後、米国のファイザーとイギリスのアストラゼネカからもそれぞれ750万回分のワクチンの契約を結んだ。また、4つ目のワクチンメーカーを探しているという。


◆香港の総人口は750万人ぐらいしかいないのに、現在購入したワクチンの総数は2250万回分にも及んでいる、もしもうひとメーカーからワクチンを購入すれば、その総数は3000万回を超える。平均すると、香港人一人につき4回もワクチンを打つこととなる。


◆しかもこれらのワクチンは異なる会社による異なるワクチンである。香港政府は香港人をモルモットにした上、そのモルモットの金でワクチンを買い、各国の大手ワクチンメーカーを仲間に引きずり込もうとしている可能性がある。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:上官雲伊 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1,871回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示