検索

国土安全保障省長官が中共の脅威について初演説!『今最大の脅威は、中共が米国への攻撃を始めていたことである!』




現在我々の繁栄に対する脅威は主に中国からである、ここではっきりしたいのは、ここで言う脅威とは中国国民ではなく、北京にいる指導者達である。


中国国民は自国政府による弾圧を受けており、中共は共産主義を思想に彼らを統制し、旧ソ連のイデオロギーを中国に浸透させた。


中共は自由で開放的な経済と民主的な世界秩序を、彼らの政治イデオロギーの脅威と見なしている。


彼らはその理念で、計画を統一させ、全体主義政権による世界秩序の再構築をしようとしており、中国政府が勝敗を決める世界を作ろうとしている。また、その全ての決定は中国国民のためではなく、中共政権維持の為にある。


彼らのイデオロギーを理解するのは重要なことである、それが中共政権の行動の原因だからだ。


彼らは米国の経済と生活方式に脅威を及ぼし、卑劣な手段で西側諸国の安定を覆そうとしている。


中国は公平に競い合わずだけでなく、国際秩序に損害を与えている。彼らは正々堂々に我々と競うのではなく、機密情報や虚偽情報を使った宣伝戦で我々の内部の瓦解を狙っている。その結果は全ての米国人を不安にさせている。


中共のイデオロギーと中国の悪意ある攻撃は互いに関係している。


彼らはある哲学的な理念を前提としている。それは、中共は目的達成の為に手段を選ばず、その過程で誰が被害に遭ったとしても構わないという点である。


例えば何億人もがコロナ禍の脅威に晒されていても、または、自由に生育や信仰活動、発言や表現ができない弾圧されている中国国民が、中共政府から異常なスピードで行われた非人道的な迫害から逃れられないことも。なのに、このイデオロギーは中国の対米戦略にも影響を与えている。


もっと率直に言えば、彼らは独裁国家である。


中共に政治、科学技術、経済力、資源、工業が集約され、そして人権の無視は、国民に自国政府の迫害を脅威に感じさせた。


これら全ては中共政権の米国と世界への脅威である事を示している。


これらは自由、平等、誠実、透明性を含め、中共に自由民主主義的価値観を破壊する能力を持たせた。


彼らは米国の国土と国民、政治、経済、文化に対して全面的な戦争を仕掛けてきている。


今、私たちはこれらの攻撃を通じて、中共の本質を理解し、反撃する時である。



国土安全保障省長官が中共の脅威について初演説!『今最大の脅威は、中共が米国への攻撃を始めていたことである!』
.mp4
MP4 • 20.40MB

783回の閲覧0件のコメント