検索

12/21 路徳社 ナイトNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.「米大統領首席補佐官マーク・メドウズ」トランプ大統領の身近にいるもう一人の中共の仕掛け人が発覚

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆リンウッド弁護士が「メドウズのいくつかの重大な陰謀が目撃者によって明らかにされているため、彼を詳しく調べる必要がある。もしメドウズがトランプ大統領を支持しない場合、彼は国民の裏切り者となり、すべての嘘が暴かれるだろう」とツイートした。


◆このことは爆料革命である路徳社の情報の正しさを再び証明した、メドウズは米国財務長官スティーブン・ムニューシンとは別に、中共がトランプ大統領の身近に仕込んだもう一人の人物である。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.米大統領首席補佐官は習近平がトランプ大統領を脅し入れるための重要なキーマンである

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆バイデンのハードディスクが中共の手に渡っているのは、米大統領首席補佐官が中共に支配されていることを意味する。


◆中共はまず財務省を物にする、それは基本的にウォール街が関連している。その次に米大統領首席補佐官を支配すれば、ホワイトハウスの支配権を手にしたのと同じこととなる。


◆もし米大統領首席補佐官が大統領と、しっかり同じ側に立っていないと、大統領は身動きが取れなくなる。


◆習近平が1月6日トランプ大統領およびその家族を消せという命令を出せたのは、米大統領首席補佐官がとっくに中共の支配下にあることを意味する。


◆本日のリンウッド弁護士のツイートは中共の動きを反映している、習近平が暗殺命令を出したことで、トランプ大統領も米国の政治生態についてようやく理解しただろう。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.FOXのマリアが番組で中共が米政界大物への浸透を暴露した

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆FOXのインタビューでは「中共は着実に策略を実行しており、彼らが浸透していた範囲は異常で、ワシントンでは多くの大物がそれに加担していたため、バイデン事件が消えて欲しいと思っている。」。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3-1.ミッチ・マコーネルの妻、ナンシー・ペロシーの夫はともに中共国と密接な関係にある

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国運輸長官イレーン・チャオ(趙小蘭)一族が合法的な海運業を営んでいるように見えるが、重要なのは海運業の船を購入した資金は中共国政府からの融資であることだ。


◆これらの船は中共国政府が作ったものであり、乗組員も中共国政府が募集した者である。その契約の大部分は太平洋沿岸で中共国国有企業が製造した商品の輸送である。そのため、もしイレーン・チャオの夫であるマコーネルが中共国に不利なことをすれば、中共は彼ら一族の事業を潰すだろう。


◆下院議長ペロシーの夫は中国大陸で25年もの間商売をしていた、しかも中共上層部から個人的な利益を得ていた、これらのことから、中共は米国上層部に直接利益を与えていたことを証明できる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3-2、中共と米国政界との「甘い取引」が米国の体制を腐敗させている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共政府はオーストラリア、ニュージーランド、シンガポールに使っていた策略を今、米国政界の大物にも使い、その「斬首作戦」的な効果を発揮している。


◆中共は米国の政治家の家族と「甘い取引」をすることで、中共政府への批判を減らすように仕向けている。


◆現在、それに対して対策を取るのか、それともそのままにするのかが問題である。マリアは視聴者に、このような行動から視線を逸らすような行為を絶対にしないと約束した。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.「米国の正義の力が覚醒した」民主党と中共の結託について調査

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆カリフォルニアのシリコンバレー周辺は中共が全力で浸透している地域である。米国の上院議員を20年間も務めていたダイアン・ファインスタイン(Feinstein)に対し、中共は彼女の機密通話を盗聴することができていた、それなのに彼女はスパイである方芳と同じ写真に写っていた、これによって人々の疑いの目は間違いなく民主党へ向く。


◆下院少数党院内総務であるケビン・マッカーシーは「ウイルスが蔓延する中、中共政府に対抗するチームを設置する超党派の決議を可決しようとしたが、それを発表しようとしていた前夜に民主党が手を引いた」と述べた。


◆中共はすでにBGYを使い、米国の多くの政治家を完全に支配している。下院議員デビン・ヌネスは「すぐにでもバイデン一族と中共の関係を調査する特別検察官を任命するべきだ」と述べた。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:明台 校正:瓦者 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2,549回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.