検索

12/21 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.習近平、種子や耕地の危機的状況を認める

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共は19日に発表した中央経済工作会議の速報の中で、中共が直面している巨大な食糧危機の前で、種子と耕地の問題が行き詰まっていることを認めざるを得なかった。


◆中共の専制主義では食料の種子を生み出すことはできないと、路徳社は2018年にすでに報じている。これは、種子産業の発展と中共の統一管理体制と相容れないためであり、各地域の土壌、水質、気候に応じた長期的な差別化栽培を行い、各地域の土壌に適した種子を見つける必要があるだ。


◆だが、中共は早く金を儲けることを重視しており、時間のかかる効果が遅い種子産業をまったく発展してこなかった。そのため、毎年少なくとも90%の種子を輸入に頼っていた。


◆現在制裁を受けた影響によって、中共国はもう米国の種子を輸入することができなくなり、それで何年も捨てていた種子産業を再開したが、だが、時すでに遅し、種子はもうすでに変化した土の質に適応できなくなっている。


◆それに中共は最近何十年も不動産開発を続けてきたため、耕地の面積はとっくに発表していたデータより低くなっており、もうすでに多くの場所が耕せなくなっている。


◆中共国の毎年の食糧不足はすべて輸入によって賄っていた。


◆中共は7%の耕地を使って、20%の人口を養うという嘘は間もなくバレる、本格的な存亡の危機が庶民の目前まで迫っている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.「戒厳令はフェイクニュースなのか?」トランプ大統領のツイートを解読

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ大統領のこのツイートには5つの可能性が隠されている

 1、トランプ大統領の行動は左翼メディアに左右されることはない。

 2、このツイートには、世論を高め、国民に討論に参加させようとしている意図を含め、それによって更に多くの国民の目を覚ませようとしている。

 3、このツイートは軍を配置しないという意味ではない。

 4、トランプ大統領は左翼メディアの「トランプが戒厳令を発表したのは、行政を使った大統領選挙への干渉」という報道に対して反論を述べている。

 5、また、トランプ大統領は民衆の自由を制限する戒厳令を採用しない可能性もある、先に直接中共という外部問題の根源を解決すれば、米国内の問題も自然と解決されるからだ。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.郝海東「習近平が1月6日までにトランプを消せと言うのは当たり前すぎることだ」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共という邪悪な体制の下にある、あらゆる階級の官僚は、部下を人間だと思っていない、一般人何て話にすらならない。


◆例えば、重慶市公安局局長王立軍は「取り調べには時間と労力が掛かる上、飲食も提供しなきゃいけないため、金と食糧の無駄遣いである」という理由で、部下になぜ直接人質を取っていた犯人を撃ち殺さなかったのか?と責め立てていた。


◆湖南長沙空港近くには「バイクでひったくりをする者はその場で銃殺する」というような横断幕が掲げられている。


◆習近平がトランプ大統領を消せという話はまったく不思議なことではない。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.米国ではワクチン接種後、3.000人以上の人々が正常に動けなくなる

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国はこの二日で全部で27万人がワクチンの接種を受け、その中6人が重度なアレルギー反応を起こした。


◆また、すでに接種を受けた21.5万人のフィードバックによると、1.5%、約3000人がワクチンを接種したあと、通常の動きができなくなり、医療処置が必要だったという。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2,432回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示