検索

12/20 路徳社 ナイトNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.トランプ大統領がパウエルを特別検察官に任命しようとしている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ大統領は12月19日(米国東部時間)午後、ホワイトハウスでフリン将軍、パウエル弁護士と会談し、軍の配備に関する問題を協議した。


◆トランプ大統領は、パウエルを特別検査官に任命し、不正選挙についての調査を担当させた。また、本日の午後、トランプ大統領はFBI長官のレイとも面会したという。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.特別検察官は捜査のためのスピーティーな調査ルートを持っている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆特別検察官はスピーティーな調査ルートを持っており、一番高い権力を借りた特別調査を行うことができる。


◆フリン将軍とパウエルが一緒にホワイトハウスを訪ねたのは、特別検察官は軍事情報機関と国家情報長官の力を動員できるということである。


◆地方検察官はまず地方裁判所に提訴してから上訴することができる。特別検察官は直接連邦裁判所、国会にまで直接提訴することができる。特別検察官は中国古代の朝廷からの使者のようなものである。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.トランプ大統領は戒厳令を検討している

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ大統領はずっと習近平は自分や家族を殺そうとしているのかどうかに疑問的だった。


◆習近平が発言したとある録音がトランプ大統領の手に渡り、その内容は「1月2日までに、最低でも1月6日までにトランプ大統領を完全に消せ」というものだった。


◆また、現米国政府はすでに民意を手にしているため、戒厳令の執行はすでに検討中である。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.トランプ大統領が初めて中共が米国大統領選挙に干渉していたことについて触れた

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ大統領がTwitterで、中共国がネットを使って米国を攻撃し、米国大統領選挙に干渉したことについて触れた。また、メディアが中共に買収されていたため、中共を告発することができなかったという。


◆このツイートは、米国大統領選挙の調査報告書によれば、中共が米国大統領選挙に干渉していたことが確定したことを意味する。


◆トランプ大統領のツイートも、メディアが報道したジュリアーニがホワイトハウスを訪ねたことも、すべては次の行動のための布石である。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.金言

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆路徳より、招くのは簡単だが、満足して帰ってもらうのは難しい。今の問題の核心は、米国が戒厳令を発令したあと、米国が悪の勢力に支配されないようにコントロールできるかどうかである。


◆博博士より、流されたニュースは知ってもらいたいニュースである、知られたくないことを隠す方法は多くある。路徳社の魅力は、ずっとみんなに知られたくないことを語り、しかもそれらが検証されていくところにある。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:明台 校正:瓦者 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2,356回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示