検索

12/19 路徳社 ナイトNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.「上場廃止」 トランプ大統領が正式に外国企業説明責任法に署名

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆当法案は、米国の取引所に上場している外国企業は、政府に支配されていないことを証明する必要があり、3年連続で米国企業と同じ米国基準の監査を受けなければ、上場が廃止となる内容である。


◆これを基準にすると、すべての中共企業は集団的に上場廃止の運命をたどる。


◆ウォール街の親共勢力は消えつつあり、滅共勢力が追い付きつつある。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.デカップリングが加速する! 商務省が新たに追加した機関・個人を発表

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆セミコンダクター・マニュファクチャリング・インターナショナル、DJI、中国交通建設、中国船舶集団、Han's Laser Technology Co., Ltd.など25の企業や研究機関、また、天津大学、北京郵電大学、北京理工大学、南京理工大学、南京航空航天大学などの大学と、個人では周沖などを含む。


◆国際決済銀行はまた、南シナ海の軍事化や人権侵害に関与した60以上の事業体を制裁リストに追加しており、これらの事業体は国際取引の決済ができなくなる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.「脱中共」米エネルギー省、中共国からの主要電力機器の輸入を禁止

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆エネルギー省の命令によると、来月16日から、重要な防衛施設への供給を担当する公益事業の保安部門は、中共国から輸入された電力システム機器の購入を禁止するという。


◆その目的は中共の米国への脅威とリスクの軽減である。米国各界では脱中共が進んでいる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.米国防長官がバイデン政権移行チームとの引き継ぎ停止を命令

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆命令が発表されてすぐメディアによって報道された。しかし、国防総省は事前に対応策を用意していたため、すぐにクリスマスの休暇とスケジュールの都合によるもので、年明けから再開するという形で対応した。この命令の裏では激しい争いがあったことは簡単に読み取れる。


◆政権交代についての情報が変化していることからすると、トランプ大統領はまだ国防総省の主導権を握っていることが分かる、だが両者の争いは相変わらず激しく、大きな動きは1月直前に起こる可能性が高い。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.「衛星Wi-Fi」ロシアがソユーズ-2.1bロケットを打ち上げ、36機の衛星を宇宙に送り込む

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆衛星が所属していたOne-Web衛星事業者は、2月と3月に34機ずつ打ち上げた後に倒産しており、今回は英国政府の資金援助を受けて打ち上げを行った、最終的には2022年に648機を打ち上げ、世界の衛星Wifiサービスを提供することを目標としている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.「釣り?それともワナ?」議員3名がスイングステートの選挙人投票に挑戦

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆憲法を守るため、彼らが実際1月6日の選挙人投票の際に立ち上がって異議を唱えれば、国会は州ごとに1票ずつ大統領を選出しなければならなくなる。


◆しかし、これは相手のワナなのか、それともトランプ陣営の釣りなのかは、1月6日にならないとその答えが分からない。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1,566回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示