検索

12/19 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.トランプ政権が静かに重い一撃を繰り出す、更に中共企業80社を制裁

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ政権は、南シナ海の軍事化や人権侵害に関与する、中共企業80社を商務省の制裁対象企業リストに追加した。


◆前回国防総省に制裁されたセミコンダクター・マニュファクチャリング・インターナショナルなどの4社も、さらに格上げされ、リストアップされた。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.「マドゥロ氏ゲームオーバー」米国はベネズエラの国民投票の成功を祝福

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国駐華大使館・領事館公式Twitterより、ポンペオ国務長官の演説をリツイートし、その内容は「我々はベネズエラの『国民投票』が成功したことを祝福する。ベネズエラの各都市や町、そして海外のベネズエラ人の投票スポットでの国民投票は、ベネズエラ国民の意思を明確に表している。」であった。


◆メディアは全くこのことを報道していないが、すべては計画通りに進んでおり、中共が支配していたマドゥロ政府はすでに終了した。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.米海軍大将が再度中共国がMMCA会議をすっぽかしたことについて語る

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆彼は、「これは中共国が協議を履行しない一つの例であり、すべての国々はこれから中共国と協議を交わすとき注意を払うべきである」と述べた。


◆本日、米国駐華領事館公式Twitterアカウントはこのことをあえて中国語にして発表した。これには中国の民衆に中共がわざと協議をすっぽかしたのは、意図的に当たり屋のような行動をしようとしていることを、気づかせようとしている狙いがある。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.中共国南部各地で突然の電気使用制限

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共が中共国民に、電気使用の「規則化」を要求し、電気を国民を管理するための道具にした。


◆中共の言う「規則化」とは、中共国民の生活に対する計画的なコントロールと同じ意味である。中共が「規則」を求めれば、中共国民は自由を失う。


◆おそらく中共国ではこれから、「規則的な食事」、「規則的な用水」、「規則的なお出かけ」、「規則的な住まい」など様々な「規則的」で庶民の我慢の限界を調べ上げるような滑稽なことが起こるだろう。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.中共国の電力不足の背後にある衝撃な事実

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 1、中共国の電力不足の主な原因は外貨の減少である。中共国の電力は70%石炭によるものであり、中共会社が制裁されたことによって、石炭の輸入が減り、ユニットが停止したと考えられる。

 2、遠心分離機などの高エネルギー消費対策事業の増加。

 3、NATOの行動に対応するため、事前に庶民の我慢の限界を探ろうとしている。

 4、基本的な資源のコントロールによる権力の更なる中央集権化。

 5、パリ気候協定の下で、省エネと排出削減を口実に、人々の生活を支配し、基本的な権利を奪おうとしている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.「恐怖」バイデンがケリー元国務長官を気候変動問題の大統領特使に

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆ケリーが「米国には気候危機を国家安全保障上の脅威とみなす政権が間もなく誕生する」とツイートした。


◆どうやらバイデンも、省エネと排出削減で国民を支配する習近平の戦術を、米国民に使うのが待ち遠しいようだ。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7.バイデン内閣のメンバーは全員ウェスト・フロント・コンサルティングという会社の出身である

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆この会社のメンバーは全員オバマ陣営出身者であり、ヒラリーが敗北したあと、全員ここに集まり、いつか巻き返そうとしていた。


◆この会社は社の人脈は中南海(中共の政治中心)から、ホワイトハウス、アイゼンハワー行政府ビルまで及ぶ。また、米中貿易の緊張を防ぎ、中国市場へのアクセス拡大をサポートできるとアピールしている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

8.民主党は中共のサイバー攻撃を軽視し、焦点をロシアに移そうとしている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆イリノイ州の民主党上院議員が、ロシアが支援する機関と企業が米国のサイバーシステムをハッキングしたのは、米国に対する宣戦布告であると述べた。


◆それに合わせるかのように、バイデンは「大統領として 我が国のネットワークが攻撃されるのを黙って見ているつもりはない」と述べた。


◆民主党が中共のサイバー攻撃から視線をそらそうとしている意図が見え見えである。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

9,393回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示