検索
  • RyouTb

12/18 路徳社 ナイトNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.米国務省「中共は世界の脅威である、中国は未来のパートナー」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国務省が中共の脅威についてツイートを連投し、米国の中共国に対する外交が全面的に転換したことを示している。


◆ツイートによると、中共は世界の脅威であるが、中国にはほかの普通の国と同じように世界の舞台に立つことを望んでいる。我々は引き続き力を合わせ、大西洋を跨ぎ、人々の目を覚ますために、中共の悪意を世界に知らせなければならない。


◆米国は主権国家であり、国家の安全保障が第一である。中共の米国国家安全保障への脅威は金融市場にまで及んでおり、米国の投資家にまで打撃を与えている。中共は盗み、言論統制や弾圧などの方法を使い、あらゆる手段で我々からすべてを奪おうとしている、中共は自由な世界を破壊しようとしている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.「一触即発」中共軍が自ら対話ルートを遮断

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米インド太平洋司令部は、12月14~16日に予定されていたMMCAと関連する会議において、中共はその出席を拒否したことを発表。


◆双方が11月18日に決めた日程であったが、米軍幹部が予定通りモニター画面の前で待機していたが、中共の軍関係者はずっと現れなかった。


◆これは厳重な軍事的失態であり、中共の上層部からの指示がなければ、このような事態が起こるのはありえないことである。


◆中共のすっぽかしは、南シナ海の軍事化問題を回避する一方、時間を引き伸ばしてバイデンの就任を待っている。また、そのすっぽかした責任を米国に押し付け、次の謀略のための口実にするためである。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.MMCAとはなにか

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆MMCA(Military Maritime Consultative Agreement)、軍事海事協議協定は、1998年から米中が定期的な軍事対話を目的として締結した協定である。


◆その意義は、航空・海上活動の安全性の向上、両軍間の安全でない軍事事件の見直し、両軍間の誤算のリスクを軽減することにある。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.米B1B爆撃機艦隊、日本海域に飛来

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米軍爆撃機とそれを護衛する航空自衛隊との合同訓練が行われた。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.米仏軍が太平洋で潜水艦訓練を行う

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆フランスの攻撃原子力潜水艦とその護衛艦が太平洋へ向かい、グアムに停泊し、米攻撃原子力潜水艦との合同演習を行った。


◆両海軍が大西洋での演習を太平洋に移して行ったのは初めてである。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.ピーター・ナヴァロが大統領選挙に関する36ページの学術報告書を発表

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆この報告書はナヴァロの個人的名義によるもので、WarRoomのサイトで発表された。


◆2020年の6つのスイングステートにおける大統領選挙の不正について、科学的かつ客観的に文書化され、包括的にまとめられた報告書は、次の8つの結論を提示している。「主流メディアは無責任である」、「不正調査は選挙結果を覆すのに十分である」、「スイングステートごとに不正の特徴が異なる」、「選挙の不正は組織化されている」、「メディアは真実を隠蔽している」、「不正を隠蔽する者は調査されるべきである」、「立法府と司法府は積極的に調査をしていない」、「1月20日までに調査がなければ、この国にはもう公正な選挙はない」。


◆ナヴァロによるこの報告書は、2020年の米国大統領選挙の真実がすべて語られており、このインパクトが大きすぎる大統領選挙は史書に記載されるだろう。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7,556回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示