検索

12/18 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.トランプ大統領が深刻な人権侵害と腐敗している国家に対し、非常事態宣言を1年間延長

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ大統領は2017年12月20日に非常事態を宣言する行政命令を発令し、その有効期間は1年間で、毎年1度更新される。


◆2018年と2019年はそれぞれ延長を行ったが、当時は中共への対応はなかった。


◆2020年12月16日、すべて、または一部、海外より米国の国家安全保障と外交政策や経済の異常に対応するため、トランプ大統領は再度、非常事態宣言を一年間延長すると宣言した。


◆今年の延長は今までとは異なる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.この非常事態宣言とは何を意味するのか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆一つ、行政機関は議会の許可なしに、一部の行動を執行することができる。


◆二つ、行動を実行するための専用資金と人員を有している。


◆路徳の分析によると、トランプ大統領が当時この非常事態を宣言したのは、現在の状況に応対するための前準備であるという。


◆当法案によると、裁判所での判決なしに、米国に脅威を与える外国組織や個人(中共売国奴)、または、米国に脅威を与える人物と協力関係にある個人(ハンター・バイデン)の資産をいつでも差し押さえることができる。


◆この非常事態宣言は、1977年カーター大統領が署名、宣言した国際緊急経済権限法に基づいている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.ナンシー・ペロシーがSwalwellを情報委員会から外すことを拒否

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆Swalwellが中共のために、スパイ活動を5年間にも及んでいたことを下院情報委員会に隠したため、17名の共和党下院議員が議長ナンシー・ペロシーに、民主党議員であるEricSwalwellを下院情報委員会から外すように促したが、ナンシー・ペロシーに拒否された。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.中共外交官汪文斌が記者の質問に対して答える際、米国の沼地との結託の成果を見せつける

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆彼の発言によると、米情報局長が少し前に、中国は米国にとって国家安全保障上の一番の脅威であると主張していたが、一部の米メディアはそのような判断には裏付けとなるデータや事実が欠如していると指摘していたという。


◆彼の言う、中共を一番の脅威にするための裏付けが足りないというのは、生の情報レベルでは、イランやロシアに比べて、中共の大統領選挙への干渉の回数は比較的に少ないことを暗示している。


◆これは、昨日のベテラン情報官が明らかにした「多くの人々がずっとロシアが大統領選挙に干渉していると言い続けることで、中共の脅威を軽くしようとしている」こととリンクしている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.中共は国産の鶏もものパッケージからCovid-19が見つかったと、再び新型コロナを使って中国国民を愚弄

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆今回仕掛けた場所は中国安徽省滁州市である。


◆地元政府によると、滁州市にある食肉加工工場から採取した鶏もものサンプルから陽性反応があったという。 同社は主に中国国内のファストフード店や大型スーパーに供給している。


◆どうやら中国国内の食肉製品もそろそろ棚から外されそうである。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.中共がチップに力を注いでいる今、チップ製造企業は最高10年間所得税が免除される

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共財政部など4つの委員会が16日、来年1月20日から、線幅28nm以下の集積回路については10年間、65nm以下の集積回路については5年間、所得税を免除すると発表した。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1,797回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.