検索

12/17 路徳社 ナイトNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.ODNI、大統領選挙評価報告書の提出遅延を発表

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆16日のODNI(米国国家情報長官)公式Twitterアカウントより「米国家情報長官ラトクリフは期限である18日に、外国による米国大統領選挙への干渉に関する評価報告書を提出しない。」と発表した。


◆その理由は、情報機関ではすでに関連する報告を受け取っているが、その他一部の機関はまだ調整を完了していないためである。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.米国家情報長官ラトクリフは中共が米国大統領選挙に干渉していたと発言

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆国家情報長官ラトクリフが16日、CBSの記者であるCatherineHerridge氏からインタビューを受けたとき「今年の11月に中共国、イランとロシアから大統領選挙への干渉があった」と発言していた。


◆この言葉には三つの意味が含まれている

 1、外国による大統領選挙への干渉があった。

 2、干渉した国は3つある。

 3、中共を筆頭にしている。


◆路徳が入手した情報によると、ラトクリフに渡された情報では、CIAは中共は大統領選挙に干渉していないとしていたが、その他いくつかの軍情報部では中共が大統領選挙に干渉していたことを確認しているという。


◆とあるベテラン情報官によると、ラトクリフは中共との問題においてはっきりと線引きをしており、絶対に譲歩することはないという。


◆多くの専門的な情報機関の関係者は国家情報長官ラトクリフの観点に賛同している。しかし、また多くの人はずっとロシアが大統領選挙に干渉していると言い続けることで、中共の脅威を軽くしようとしている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.路徳が報告書の延期の大きな意義を深く解説

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆評価報告書の延期は滅共するためである。


◆外国から大統領選挙への干渉が確定された今、もしトランプ大統領の再選だけが目的で、滅共をしないのなら、評価報告書は非常に簡単に提出することができる。


◆しかし、滅共をするためなら、中共への追及をしやすくするため、その報告書の中では中共の責任をより正確かつ具体的に記述しなければならない。そのため、各方面が激しい駆け引きを行い、提出を遅らせている。


◆中共にとって、この報告書は死活問題である、そのため様々な卑怯な手口を使ってこの報告書の公開を妨害したり、遅らせたり、または、この報告書の殺傷力を低下させなければならない。


◆この報告書が発表されれば、NATOは直ちに中共に対して開戦しなければならなくなる可能性があるため、その内容は米国や全世界の運命と関連している。


◆この報告書の重要性は、現時点どんな司法や議会報告書よりも高い。


◆このような重要な報告書は簡単に出されることはできない、でないとその結果は愛国者たちが臨んでいたものではなくなるだろう。


◆報告書の提出が困難であることは、お互いの戦いの激しさを物語っており、これこそが最終の戦いであることを表している。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.新中国連邦鳳凰農場解散、目的は滅共のみ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆爆料革命が滅ぼすのは共産党だけでなく、その挽き肉機みたいな政治体系も対象である。


◆この挽き肉機みたいな政治体系の中心が「権力の集中」である。だから、爆料革命と新中国連邦が求めているのはその中心をなくすことである。


◆戦友一人一人はいかなる組織や個人への依存を捨て、自由な意志と独立した考え方と自分自身に責任を持たなければならない。


◆米国が偉大である由来は、建国の父ワシントンがその権力を手放したことである。


◆全世界のトップ農場の責任者であるSaraはその権力を手放し、鳳凰農場を自ら解散したのは、未来、各農場から中心をなくすための素晴らしい手本となった。


◆人間はみんな自己中心であり、利己的である。権力の分散は自覚に頼ることはできないため、体系によってそれを保証しなければならない。鳳凰農場の解散はまさに、中心をなくす体系にとって重要な一歩である。


◆Saraは郭文貴の言葉を理解していた「爆料革命は名声や権力を目的としていない」、Saraもそれができた。


◆Saraはライブ放送の最後、戦友たちに「自分の自由を守るためには、自分たちの民族を大事にしなければならない」と叫んだ。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1,876回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.