検索

12/17 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.特別検事が決定

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆路徳によると、当検事はリンウッドと共に仕事をしたことがあり、ブッシュ家に仕えていた。彼は滅共のために駆け付けた弁護士であるという。


◆トランプ大統領はマコーネルのジョー・バイデンの赦免を許可しなかったため、特別検事を任命し、ハンター・バイデンの事件を徹底的に調査させている。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.ホワイトハウスの弁護士事務所がトランプ大統領にFBI長官を解雇しないようにとアドバイス

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆The Hillが報じた上記のニュースは、一方ではトランプ大統領がRayをFBI長官から解任しようとしていることが確認できる、もう一方では、もしRayを解任すれば、それは報復行為とされるため、その決断を撤回するよう、トランプ大統領を脅している。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.米国防総省が突然「SIPRNet」をシャットダウン

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆SIPRNetは、米国務省や国防総省が機密情報を送信するために使用しているプロトコルである。しかし、すでに中共によって攻撃や復号されている疑いがあるという。


◆この度のシャットダウンはアップデートのためであり、後日の重要な行動のために、その機密性とセキュリティを全面的なアップグレートさせている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.米連邦取引委員会FTCが14日に、Twitter、Facebookなどの大手9社を調査すると発表

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆調査対象であるその他の企業ではWhatsapp、Youtube、ByteDance、Amazon、Reddit、SnapとDiscordである。


◆調査内容は、ユーザーのプライバシーデータの収集・利用に違反があるかどうか、ユーザーへの広告コンテンツの表示方法をどのように決めているのか、個人情報に対してアルゴリズムやデータ分析を使用しているのかどうか、データポリシーが児童や子供に与える影響などを含む。


◆本調査の回答期限は45日である。今回の調査は、今後の法律の執行において確たる根拠となる。


◆しかし路徳の分析によると、これらの会社はとっくに対応策を編み出しており、例えば数えきれないほどの情報を提供することで、FTCに溢れる情報の中から証拠を見つけられなくさせ、うやむやにするなど。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.我々は一人一人超限戦の中に生きている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆郭文貴や路徳社がライブ放送で一部虚実な戦略や戦術を繰り出してはいるが、戦友一人一人は必ず必勝の信念を抱かなければならない。我々は歴史を作ろうとしている、歴史を変えようとしている、戦友たちの潜在意識は正義側に立っているため、我々は必ず勝利する。


◆同時に、その過程は非常に大変なものであることを冷静に認識しなければならない。もし中共が簡単にやられてしまったら、爆料革命の価値はどこにあるのでしょうか?簡単なことではないから、我々戦友と中共内部にいるエリートたちもそれを更に大切にすることができ、将来、我々の国をよりよい国にすることができる。


◆もしバイデンが自ら棄権して、トランプ大統領が簡単に勝利し、沼地に隠れているワニたちを許してしまえば、逆に多くの問題が待ち受けていることだろう。


◆もし中共の米国に対する全面的な浸透によって、大統領選挙が滑稽な結果にならなかったら、新中国連邦が米国に存在する価値はどこにあるのでしょう?郭文貴はなぜ予定より3年も早めて爆料革命を始め、中共のBGYについて言及したのかをよく考えて頂きたい。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2,144回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.