検索

12/16 路徳社 ナイトNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.バイデンの当選を積極的に認めるマコーネルにブーイング

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆マコーネル上院院内総務は、1984年に上院議員に当選して以来、共和党、民主党両方に好かれるために二枚舌を使い、36年間6度も当選し続けた。


◆本日、彼が急にバイデンを支持し出したのは、メディアをパニックさせ、トランプ大統領に打撃を与えるためである。彼が得意とする二刀流がまたもや炸裂した。


◆しかし、今の米国民はすでに目を覚ましている。彼の心代わりに対し、バノンはすぐにWarRoomでその意図を明らかにさせ、非難した。また、彼の家族と中共と結託して行われた様々な悪行はすぐさまソーシャルメディア上で拡散された。


◆マコーネルの小細工はトランプ大統領に打撃を与えることができなかっただけでなく、逆に愛国者たちに沼地の闇の部分を更に見せつけてしまい、より団結力を高められた。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.トランプ大統領の弁護士であるJennaEllisがツイートで「憲法の規定では1月6日に新大統領が選出される」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆憲法の規定によれば、本日(12月15日)は選挙人投票が判を押され、特別な専用運送業者によってワシントンへ送られる。1月6日には上院と下院の共同会議によって公開裁決が行われる。


◆しかし、メディアはずっと国民に大統領選挙がすでに終わり、バイデンが大統領に当選したと思い込ませようとしている。


◆1月6日、ペロシーはほかの下院議員と同じようにいかなる特権をも持たない。


◆上院議長ペンスは1月6日当日、上院のすべての権力を持ち、次期大統領を選出する。


◆もし下院から一名でも異議を申し出た場合、上下両院が議論を行い、その後下院で各州一票という形で大統領を選出し、上院が副大統領を選出する。


◆現在共和党州と民主党州の数は30:20である。


◆路徳の分析によると、ペロシーは1月6日の議事進行を遅らせ、下院が予定通り新大統領(トランプ大統領)を選出できないようにする可能性が高いという。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.トランプ大統領がハンター・バイデンの案件を調査する特別検事を任命

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆オバマが当時特別検事を任命し、ありもしないトランプ大統領のロシア疑惑について調査をさせた。その調査チームは何百人もおり、3000万ドルも掛かったのに、何も得られなかった。


◆今、トランプ大統領も同じやり方で民主党に反撃した。ただ、その違いは、今回は陥れるのではなく、動かぬ証拠と法律に則ってハンター・バイデンを有罪にする。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.独立した検事は法の下で特別な権限を持っている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆独立した検事は、既存の検察・裁判制度の中から選ぶことはできず、独立した法曹・法学者の共同体の中からのみ選ばれる。


◆彼は大統領以上の組織人事権、捜査権、召喚権、特別手続権を持つ。 極めて重大な不祥事、身体障害、精神能力の喪失、その他実際に職務の遂行に支障をきたす事情がなければ、途中で解任することはできない。


◆独立した検事の調査は、連邦検察制度にも連邦裁判所制度にも従属しない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.米空軍、無人機と戦闘機の双方向データ通信に成功、空中戦での新しい戦法を構築

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米軍無人戦闘機「XQ-58 ヴァルキリー」は、このほど空軍の「F22」「F35A」、海兵隊の「F35B」との正規の演習任務で、リアルタイムのデータ切り替え、目標認証、偵察信号収集などの運用に成功した。


◆この演習の成功は「米軍の一機の戦闘機が大勢の無人戦闘機を率いた、新しい戦法の始まり」を意味する。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.イスラエルが中距離対ミサイルシステム迎撃テストに成功

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆イスラエルの対ミサイル迎撃システムには、地上迎撃用のアイアンドームシステム、中距離迎撃用のダヴィデ・スリングシステム、高高度迎撃用のアローシステムによって構成されている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1,804回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.