検索

12/16 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.米国務省が「中共は米国の自由と国家安全保障を危険にさらしている」とツイート

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国人は中共がどのように彼らの目的を達成するために、我々の高等教育に対して浸透していたのかを知る必要がある。また、それらの行為によって我々の自由と国家の安全がどのように侵害されているのかを知る必要もあると、ツイートで述べた。


◆この話は以前ポンペオ国務長官が言っていたことである。本日、国務省の公式アカウントより再度公表されたのには、非常に明確な方向性が示されている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.大学はどうして国家の安全保障と結びつくのか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共の大学への浸透は教育界、学術界と医学界の腐敗を招き、主流の専門家や学者が新型コロナの真実を無視し、閻麗夢博士が発表した新型コロナの由来についての報告書を前にしても沈黙を保っていた。また、国民がヒドロキシクロロキンの服用を阻止したため、米国人の生命と国家の経済、国防など様々な方面に甚大な被害をもたらした。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.路徳が再び米国の沼地とその生態について語る

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国の真の権力の傍らであるハーバード大学、イェール大学などのアイビー・リーグは米国の沼地に放たれるワニの育成基地である。


◆これらの学校は、理事会やその下の校長、院長、教授がいくら変わろうと、その背後にいる真のオーナーが変わることはない、それは某家族だったり、もしくは某利益団体である。


◆長い間、米国にはずっと沼地が存在している。だが、沼地の範囲は政界とウォール・ストリートなど、エリートたちの生態圏に限られており、普通の国民とはお互い隔離されていて、それぞれがルールを守り、一線を越えないようにしてきた。そのおかげで米国社会のバランスが保たれ、長期間に渡る繁栄と安定をもたらした。


◆このような生態圏の中、沼地の存在は普通の国民に、ワニが存在しているため、常に警戒し、自分の安全を守るようにと警鐘をずっと鳴らしてきた。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.ワニが沼地から出れば滅ぼされる

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆生態系の中では、もしワニが自分の縄張りから出て、他の生物の命や自然界のバランスを壊そうとすれば、必ず滅ぼされる。


◆当年、ニューヨークのマフィアが勢力を拡大し、普通の国民の生活と社会の秩序に危険を及ぼしたため、ジュリアーニによって一掃された。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.中共が米国の大学を浸透し、米国の権力の根本に触れたため、必ず滅ぼされる

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共は自分たちのルールを守らないやり方を大学に持ち込み、教授と学生に植え付け、米国全体を沼地に変えてしまった。そのため、ワニたちはルールを守らず、自分を飼育してくれている人たちをすらほとんど食い尽くした。


◆米国人は今、一線を越えた中共は留まることを知らず、沼地のルールを完全に破り、米国全体を沼地にしようとしていることを理解した。だから、彼らは幻想と純粋さを捨て、やられたらやり返す、100返しだ!


◆これこそがトランプ大統領が突然平時の司法長官Barrを辞任させ、大きな戦いに対応できる代理長官と副長官を就任させた理由である。つまり、米国の中共に対する行動のルールがすでに変わったことを意味する。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.米国がSolarwinds社を急襲し、不正選挙に関する動かぬ証拠を入手

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米連邦保安官、テキサス・レンジャー、FBIが共同でオースティンに本社を置くSolarwinds社を急襲し、Dominionシステムによる不正投票の動かぬ証拠を入手した。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2,169回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示