検索

12/14 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.美国駐華大使館がツイートで中共の軍事的脅威を警告

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆美国駐華大使館が「北京の軍事的挑発は世界を危険にさらし、ヒマラヤ地域から南シナ海に至るまでの暴力的紛争の脅威を高めている」とツイートした。


◆中共は後先を考えずに軍事力を行使し、インド太平洋地域と世界の安定を危険にさらしている。


◆中共は南シナ海域に軍事基地を設置し、それを利用したアクセスの遮断、航路の閉鎖を行っている。


◆米国は同盟国やパートナーと協力して、中共の破壊的な行動に抵抗し、開かれたインド太平洋地域を構築していく。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.「ツイートを徹底分析」これは中共を攻撃する合図である

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共はどうやって世界を危険にさらしているのか?

南シナ海の軍事化、航路の閉鎖によって、全世界の経済にリスクを与えている。


◆台湾は美国にとって非常に重要な供給基地であり、中共の台湾への脅迫は米国経済にリスクを与える。


◆イラクはクウェートを占領したことで、世界のエネルギー供給にリスクを与えた、だから滅ぼされた。


◆パナマ独裁政府は運河を支配し、世界の経済にリスクを与えたため、滅ぼされた。


◆サウジアラビアも独裁政府だが、彼らは世界にリスクを与えていないだけでなく、毎年米国から武器を購入している。だから、米国は彼らを滅ぼさないだけでなく、逆に彼らを守ろうとすらする。


◆ツイートは、外交特権を持つ中国政府を飛ばし、外交特権を持たない中共を直接名指しし、米国が行動を起こすのは法的な障害がなく、時期が来ればいつでも行動できることをほのめかしている。


◆このツイートが発表された時点で、このリスクを解決しなければならないことを暗示している、でないと米国は世界から完全に信頼を失ってしまうからだ。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.習近平は政治的安全を優先とした、10大国家安全保障概念を提示

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆習近平は政治局の会議で10の安全保障概念を提示したが、実際彼が一番気にしているのは彼自身の政治的安全である。


◆政治的安全とは習近平の安全である、彼に従わない上層部の者は政治的危険人物とされる。


◆それ以外の官話はすべてどうでもいいことである、彼が言いたいのは

 ・彼がリーダーとなってすべてを統一したい。

 ・全員が条件に満たしていなければならないようにしたい。

 ・国民の名義を理由にいくつかの家族のために奉仕してもらいたい。

 ・安全保障を理由にいつでも国民の自由を制限したいし、国民の財産を没収したい。

 ・中共に完璧に洗脳された、死んでも屈しないような数万人規模のセキュリティチームを軍隊の隅々に配置し、その者たちに数百万人の兵士を監視、統制してもらいたい。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.官話以外の本当の内容「習近平をどう保護するのか」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共内部の戦友の情報によると会議の実質的な内容は

 ・米国とNATOが行動を始めた際、どうやって習近平の安全(政治的安全)を守るのか?

 ・ロビー活動はどうすればいいのか?米国やNATOを浸透し、行動を阻止し、危機を回避する。

 ・もし回避できない場合、まず習近平の安全を優先しなければならない、その方法は中共の完璧な洗脳を受けたセキュリティチームによる軍隊を肉の盾にするための監視と統制である。

 ・習近平の安全をしっかり守ることができれば、報酬が待っている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.香港の公務員は香港版国安法の支持と香港特区への忠誠を誓う宣誓が要求される

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆香港の公務員18万人全員が、来月上旬から1ヶ月以内に香港版国安法の支持と香港特区政府への忠誠を誓う宣誓、または署名を完了させなければならない。


◆拒否する者は解雇または退職を命じられる。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1,616回の閲覧2件のコメント

最新記事

すべて表示