検索

12/13 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.ハンター・バイデンが調査されていることをウィリアム・バーが数ヶ月に渡り隠していた

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆マンハッタンの連邦捜査官は少なくとも1年前からハンター・バイデンを捜査しているが(税務詐欺について)、司法省はハンター・バイデンを刑事訴追の対象にリストアップしていなかった。


◆ハンター・バイデンの資金源についてもずっと調査されていた。バーが大統領選挙の前から司法部に対し、大統領選挙に影響を与えないために、調査に関わる情報を開示しないよう指示を出していた。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.ハンター・バイデン事件の隠蔽の裏にある計画

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆もしバーが選挙前にハンター・バイデンの捜査を明らかにしていたら、民主党は「バーはトランプが指名した司法長官だから」という理由で、トランプは司法を利用して政治的な濡れ衣を着させたと言うだろう、そうすれば簡単に窮地から抜けることができ、バイデンの選挙に何ら影響を与えることはなかっただろう。


◆トランプ大統領はずっとハンター・バイデンを調査すると発言しているが、実際ではいかなる強固な措置をも取っていなかった。もしそうしてしまうと、政敵に「司法を使って大統領選挙に干渉している、政治手段を使って濡れ衣を着させようとしている」と言われてしまうからだ。


◆しかし今、反トランプ勢力が支配しているマンハッタン南区で、バーがずっと隠していたハンター・バイデン捜査事件が左翼メディアであるウォール・ストリート・ジャーナルによって報道された。


◆後半で圧力に屈した司法省がすべての真相を公表すれば、それを疑う人もいないだろう。


◆大統領選挙での実力が極端に離れていない状況では、トランプ大統領は大統領選挙に確実に勝つためには、最初から計画通りに総合的な対応策を練り、一歩一歩進めていかなければならない。例えばNBAファイナルズのように第7戦まで、延長戦まで戦わなければ、選挙に勝つことはできないだろう。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.路徳が米国の権力と中共の運命について解説

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国の本当の権力は、長い法的手続きを経ず、すぐに事を成すことができる政府の法執行機関に存在する。例えば直接逮捕ができる各種情報機関やICE。民間機構では、連邦準備制度やSwift、Chips、Fedwireの3大金融システムなどがある。


◆バノンを代表とするアイルランド人は、生まれつき勇敢であり、反抗できる精神を持ち合わさっている、彼らは産業の発展に力を入れ、米国の軍隊、情報機構、トップ大学を支配し、45人の大統領の内14人が自分はアイルランド人の血を受け継いでいることを明言している。


◆ジュリアーニを代表とするイタリア、スペイン、ポルトガルのラテン系勢力は、国土安全保障省、移民局、特にICE移民・関税執行局に集中しており、米国の裏社会や地下勢力を支配している。


◆ユダヤ人は米国および世界の金融システムを支配している。


◆これらの民族がアメリカの権力の柱になることができたのは、何世紀もの時間をかけて民族内で構築された絶対的な信頼と強い結束力があったからである。


◆これらの民族にとって、政治派閥は表面上なものであり、誰が彼らの利益を守れるのかが核心である。


◆米国が中共にWTOへの加入を許可したのは、その信用を築く機会を与えるためであった。しかし、わずか20年で中共は信用できないだけでなく、これらの民族の利益と安全さえも危険にさらしていることが分かった、だから中共は必ず滅ぼされなければならなくなった。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.香港政府はロンドンと香港間のフライトを運休

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆フライトの運休期間は12日から25日で、運休の理由は、今週火曜日に、BA027便の機内で4人が中共ウイルスに感染したことである。香港政府の本当の狙いは不明である。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.北京市政府が新時代の市民道徳実施計画を発表

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共は、いわゆるモラルを利用した民衆への強要を始め、言葉と言動をすべてコントロールしようとしている。このことから人道的な災難が始まろうとしていることが分かる。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1,619回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示