検索

12/12 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.国務長官ポンペオが演説で滅共の時系列を示す

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆国務長官ポンペオがジョージア工科大学での演説で「我々はNATOを説得し、すでにNATOを伝統上での対ソ連から対中共に移行させた」という。


◆先週のNATO会議では、半分近くの時間をかけて中共への対処について議論した。


◆中共は彼らの独裁主義を米国や世界に押し付けようとしているが、そのような政権では自ら崩壊する、そして米国は自国の繁栄を維持するために自国を守る義務がある。


◆我々が滅共するのは、世界の人々にとって利益をもたらすこととなるだろう。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.どうして米国はNATOに共に行動するように説得しなければならなかったのか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国の大統領の権限では、以前のイラク戦争のように、戦争を始めた場合30日以内に必ずその戦争を終わらせなければならない。


◆しかし30日以内に、イラクよりはるかに大きい中共国を徹底的に覆すのは難易度的に非常に高い。


◆そのため米国がNATOと共に行動を起こせば、同盟国が攻撃(サイバー戦争を含む)を受けたという理由で、すべてのNATO加盟国は国会の許可を得ることなく、参戦することができる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.中共はASEAN諸国をNATOに対抗するために引きずり込もうと試みている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共国防部長魏鳳和が10日の第7回ASEAN国防相会議で、アジア太平洋地域各国の国防部門と軍隊は戦略的なコミュニケーションを強化し、積極的に意見の共有、実践的な協力を深め、地域の発展と繁栄を維持するために安全保障を共に構築すべきだと述べた。


◆中共は独りよがりの思いでASEAN諸国をNATOに対抗させようとしている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.国務長官ポンペオが17名の外国官僚の制裁を発表

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国はすでに全面的な行動を開始している、「グローバル・マグニツキー人権問責法」に基づき、米国国務省がこれら重大な人権侵害を行った17人に対して制裁を行った。


◆その中の一人は中国福建省アモイ市の警察署長黄元雄で、法輪功のメンバーを拘束、尋問した疑いがある。


◆これは中共各階級の官僚へのメッセージである。悪いことをした人は、誰一人逃さない、その子孫も生きていくことが困難であることを示している。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.米駐中共国大使館が中共の超国家的犯罪行為を直接ツイートした

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆ツイートによると、キャンパス内にいる無実の中国国民は中共の一番の被害者であるという。プリンストン大学のようなキャンパス内の中国の学生は、政治の授業での香港と中共についての観点を自由に表現することによって中共の厳しい新国安法に起訴されないため、偽名を余儀なく使わされている。


◆米国の大学にいる中国の学生たちは恐怖の中で生きている、彼らは自分たちが授業での発言によって、家族が逮捕、尋問、拷問、もっとひどいことをされるのを恐れている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.王毅が口調を変え、あらゆるレベルや分野で米国側と対等に対話したい

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆4日前、王毅が米国大統領候補のバイデン政権と交渉を再開したいと意思を表明したばっかりだが、NATOが間もなく行動するのを見て、今日、今すぐ米国トランプ政権とあらゆるレベルや分野について対等に話したい考えを述べた。


◆恥知らずの上(言ったことと逆のことをする)、陰険である(会談を理由に時間を延ばし、NATOの行動を阻止するためにNATOへの浸透を強めようとしている)。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7.ペンタゴンより「1月5日よりCIAのテロ対策への軍事支援を終了」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆専門家の分析によると、この行動はCIAの特別捜査官がフランクフルト襲撃任務を受けた米デルタ特殊部隊を5人惨殺したことと関係があるとしている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1,989回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.