検索

12/10 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.バノン「中共は全人類の敵である」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆79年前の今日、真珠湾攻撃で2400人のアメリカ人と1100人の民間人が死亡し、米国にとって最も血生臭い一日となった。そして今、中共は研究室からウイルスをばら撒き、毎日同じ数のアメリカ人が殺されている。中共は全人類の敵だ、特に中国人にとっての敵である。彼らの行為はすでに人類の理解の範囲を超えている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.第82空挺師団「嵐が来る」と発表

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆昨日、第82空挺師団のFacebookアカウントが以下の文章を投稿した「本日はデビルストームのための最終準備を行った、嵐は既にやって来た、今週はそれにご注目を!」。


◆路徳の分析によると、この発表はニコラス・マドゥロの生け捕りと関係するという。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.第82空挺師団とは

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆第82空挺師団は1917年8月に結成され、1942年3月に再結成された陸軍最古の空挺師団で、現存する唯一の正規空挺師団であり、ノルマンディー上陸作戦、ベトナム戦争、ペルシャ湾戦争、イラク戦争など、多くの重要な戦いに参加していた。


◆フリン将軍は第82空挺師団で服役したことがあり、ハイチやグレナダの政府転覆や独裁者の生け捕りに関与した。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.米国がマドゥロを生け捕りにする場合の合法性

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆不正選挙により、米国はマドゥロを大統領として認めておらず、マドゥロ政権を非法政府と宣言している。そのため、マドゥロには大統領特権がない。


◆選挙の不正があったため、フロリダの裁判所はすでにマドゥロに対し召喚状を出している、もしマドゥロが法廷に出てこない場合、米国はいつでも連邦司法警察(第82空挺師団)を通じてマドゥロを連行し、国連のいかなる法律に違反することなく法廷に立たせることができる。


◆路徳がついさっき入った情報によると、マドゥロはすでに支配下にあるという。


◆習近平に対しても、同じようなプロセスを辿るだろう。今すべての人民代表副委員長を制裁リストに加えたのは、立法機構の合法性を否定しているということで、次は政府と軍の合法性が否定されることとなる。


◆一旦すべてが不法となれば、米国民であれば中共がばら撒いたウイルスを起訴することができる、そうすれば習近平は米国に来て答弁と弁明をしなければならない。もし来ないのなら、米国は公開逮捕することになる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.米国が習近平を生け捕りにする可能性は?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆習近平を生け捕りにするのはマドゥロより難しい可能性が高い、しかしそれは間違いなく米国が取る選択肢の一つである。なぜなら、生け捕りをするのは国家の安定を保てる一番いい方法だからである。


◆パナマ、グレナダ、ハイチ、イラクは、独裁者が生け捕りにされた後、民主的な選挙へスムーズに移行することができた。独裁者が生け捕りにされていない国では、国内での移行が難しいだけでなく、外部勢力が関与する場合もある、例えばリビアにISISが現れたように。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.アリゾナ州が公式的に今週の選挙結果に対して異議があると発表

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆アリゾナ州の多数党のリーダーが月曜日に声明を発表し、選挙機器とソフトウェアに対し直ちに詳しい査定を行わなければならないと要求し、もし不正行為が発見された場合、立法機関は直ちに会議を開き、投票資格を取り消すという。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6,730回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示