検索

12/09 路徳社 ナイトNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.米国はマドゥロを生け捕りに?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆マドゥロを生け捕りにすることは、法的な障害もなければ技術的な難易度もない。


◆彼を生き捕りにしたあと、米国の法廷で証言させれば、米国の大統領選挙の腐敗、DominionとSmartmatic選挙システムの黒幕が完全かつ迅速に明らかとなるだろう。


◆同時に、中共上層部の独裁者への見せしめにもなるため、大きな効果を生むことができる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.米国7州がテキサス側に加わり、選挙プロセスの違憲性をめぐり4つのスイング・ステートを共同提訴

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国では、州同士の訴訟は直接連邦最高裁で行われる、この共同訴訟は、米国において数十年ぶりの重大な訴訟である。また、他の州もテキサス側に加わろうとしている。


◆最新情報によると、連邦最高裁は6:3の投票結果によって、テキサス州の訴訟を審理するとのこと。


◆訴訟に参加しているのは各州の最高検事総長であり、彼らはFBIから十分な調査証拠を持っていなければいけなく。さらに、各州の法的手続きに従っていなければ、訴訟に参加することはできない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.各州の共同訴訟は米国の運命を決める

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆不正選挙の調査はもはやトランプ大統領の問題ではなく、憲法の権威と米国の価値観(自由か死か)を守る大きな問題であることを、今回各州の共同訴訟が示している。


◆連邦最高裁判事が公平な判決を下せなければ、国民に大きな亀裂を引き起こすのは必然なことである。ディープステート勢力と米国を支える正義の勢力の分裂、各州の分裂、スイング・ステートの内部分裂、最終的には内戦へと発展する。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.連邦最高裁判所は、起訴されている4つのスイング・ステートが木曜日までに回答しなければならないと命令

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆4つのスイング・ステートが短期間で大量の訴訟に対応することは事実上不可能である。


◆テキサス州では証拠の優越性と明らかな所見があるため、連邦最高裁が本命令を出したことは、訴訟の公正な解決に向けて動き出していることを意味する。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.FBIより警告

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆地元の法執行機関は、米国の居住者が刑事告発を受け、強制的に中共国に返されることを回避するため、中共政府と協力しないよう警告を出した。


◆警告が出された直後、ニューヨークの警察官を含む8人が北京の代理人として起訴された。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.共和党指導者は、民主党が提出したバイデン就任式の準備議案を否決

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国国会の就任式共同委員会は共和党3人と民主党3人によって構成されている。


◆共和党の3人は上院多数党のリーダーミッチ・マコーネル氏、上院3番手ロイ・ブラント氏と上院少数党リーダーケビン・マッカーシー氏である、彼らは全員この就任式の準備議案に反対しており、トランプ大統領側を固く支持している。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7.トランプ大統領弁護団より「12月8日が最終期限じゃない」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆通常、12月8日は各州が選挙結果を認定する期限だと認識されているが、トランプ大統領弁護団はこの日は選挙結果が確定する最終期限日ではないと述べ、引き続き戦う意思を表明した。


◆チームの憲法弁護士JennaEllis氏によると、1月6日は国会が各州を代表する投票を統計する日であり、実際それが最終的な期限であるという。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

8.ジュリアーニが本日WABCラジオに出演

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆WABCラジオはニューヨーク全域をカバーする、買収に1500万ドルがかかったラジオ局である。


◆ジュリアーニはラジオ番組で、明日退院することを明らかにした。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2,798回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示