検索

12/09 路徳社 モーニングNEWS


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.国家情報長官がFOXでのトークで「間もなく大きなことが起こる」と暗示

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆FOXのTuckerのインタビューを受けた際、国家情報長官ラトクリフが「多くの人が金銭的な利益と政治的な目的のために、中共を一番の脅威と呼ぶことを避けている。だが、情報は嘘をつかない。中共国ほど能力を持ち、計画的にアメリカンドリームを破壊する国は他に類を見ない。

素晴らしい将軍は高地から敵を見下ろしながら戦う、今の米国は高地にいる、中共国を見上げるようになってからやっと動くようなことはしない。」と述べた。


◆この話はまるで路徳が言っていた「まもなく、大きなことが起こる」に合わせているようである。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.トランプ大統領がTuckerShowでの翟東昇のスピーチをリツイート、まもなくドロ沼の吸い上げが始まることを暗示

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆翟東昇がトークショーで、中共が過去何十年米国とケンカをしては仲直りができたのは、中共がとっくに米国勢力の中にある特殊な団体(ディープ・ステート)を物にしたからであることを、公然と認めた。


◆翟東昇によると、これらは米国の軍、商務省、国務省、司法制度の事務官を中心とした、安定した中から高級官僚の集団であるという。


◆彼らには実力、情緒、能力、資本、経験があり、彼らは第二次世界大戦後の世界の秩序を操作し、自分らこそが米国の主であると信じているため、トランプ大統領やバノンなどの部外者に対して非常に見下しているという。


◆トランプ大統領が就任して以降、彼らは強い幻滅感から現実を受け入れられず、職業上の優位性を利用して、ずっとトランプ大統領を操ろうとしたり、嫌がらせをしてきた。



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.墨博士が翟東昇の発言に隠された真意を解く

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆翟東昇の発言の内容は中共の最重要機密であり、一般人のために話しているわけではない。


◆彼は中共上層部が不安になったとき、その不安を取り除くための人物である。


◆彼が本当に言いたいのは、ディープステートに中共がバイデンを米大統領にさせることさえできれば、すべては元通りになれると強く信じさせることだ。


◆だが、爆料革命は彼らの夢を粉砕する。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.中共外交部が駐中米国臨時代理大使に抗議

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国が14人の全人代副委員長を制裁リストに加えたことは、中共がワシントンに対する支配権を完全に失ったことを意味する。そのため、彼らにはもはや舌戦を繰り返す術しか残っていない。


◆路徳の分析によると、この制裁リストはこれら準売国奴どもに対する戒告であるという。今斬首リストではなく、経済制裁リストに彼らを加えたのは、彼らに現在の情勢をよく理解し、調子に乗らせないためである。もし物分かりが悪いようなら、いつでも斬首リストに名前が刻まれるだろうという。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.トランプ弁護団が大技を繰り出す「テキサス州が4つのスイング・ステートを起訴」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ陣営は敵対勢力に対し強攻を開始した。大統領選挙のルールを巡り、テキサス州がジョージア州、ミシガン州、ペンシルバニア州、ウィスコンシン州を連邦最高裁に直接提訴し、憲法の平等保護条項に違反したという理由で、その選挙手続きに対し異議を唱えた。


◆攻撃を仕掛ける側のトランプ陣営は複数の訴訟を起こし続けている、最終的に1つさえ勝てば、選挙全体に勝つこととなる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.以前癌を患ったことのある74歳のジュリアーニは、たった三日間の療養でWarRoom復帰へ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆神の祝福を受けたジュリアーニは、易博士の会社が製造しているモノクローナル抗体特効薬治療を受けたあと、トランプ大統領同様、三日間で完全に回復し、間もなくWarRoomへ復帰する予定である。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2,655回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示