検索

12/08 路徳社 ナイトNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.小物売国奴の末路

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中国全人代常務委の副委員長14人がブラックリスト入り。


◆米国務長官マイク・ポンペオは声明を発表し、この14人は全国人民代表大会常任委員会が全会一致で通過したあの恥じるべき「香港版国家安全法」と直接関わっているという。


◆この14人の身代金はそれぞれ200億元以上に上る、その資産は主に米国にある。


◆彼らに対する制裁は「米国の管轄内或いは米国人が所有、または管理している資産の凍結、本人とその家族の米国の入国禁止。」である。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.大物売国奴の選択肢その1

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆イランの核爆弾の父を斬首した、無人車によるハンティングシステムが使われる。


◆イラン革命防衛隊の副司令官は、敵はAI制御で、機関銃を衛星経由でリアルタイムに操作し、ファクリザデを殺害したが、傍にいた彼の妻は無傷であったことを明らかにした。


◆博博士の解説では、これは衛星受信、データリンク、イメージングシステム、サーボシステム、軽重機関銃などを装備した衛星を経由した、リアルタイムに操作できる車載型遠隔AI無人ハンティングシステムであるという。


◆この一連のシステムのコストは、最先端ドローンの10分の1しかなく、早期起動が可能で、3日間待機することができるという。


◆この作戦では、爆弾運搬車が電柱を爆破し、対象車両の進路を封鎖した後、機関銃で射撃を行うと同時に、救助を阻止するために、近くの病院の電源を遮断した。


◆このハンティングシステムの精度は高く、売国奴の近くにいる戦友が負傷するような心配はない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.大物売国奴の選択肢その2 「モスキート型ドローン」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆博博士が5mmにも満たない蚊が指先に止まっている写真を披露した。


◆これは米国防総省の国防高等研究計画局が2018年にすでに公開していたブラックテクノロジーである、その名は「darpa」ドローン。


◆darpaドローンは数キロ内での撮影、攻撃など様々な任務を遂行することができ、レーザーやマイクロ波ビームを遠隔で受信し、エネルギーを得ることができる。短時間では室内に侵入し、十分な致死量に達する青酸カリなどの毒物を携帯することができる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.トランプ大統領より「数日以内、多くの大事件を目にするだろう」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ大統領がリベラル系記者と会話を交わしたとき「今回の不正投票は第三世界の国々のようで、我が国にとって恥である。事件はすでに提出され、解決案もすでに出されている、これからもっと多くの大事件が起きるのを目にするだろう。」と述べていた。


◆路徳の分析によると「ここでの大事件は法律においての大事件ではなく、路徳社が事前に伝えていた暴動法の執行や、人身保護令の取り消し、大規模の逮捕など本当の大事件である。」という。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.8日以内、米国空軍と宇宙軍が世界を変える大きな発表がある

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米ミサイル防衛システムのフォーメーションネットワークの父であり、空軍の次官補であり、米空軍と宇宙軍の技術統合と装備開発を担当している、WillRoper博士が昨日Twitterで「君は(CCP(中共)もしくは誰かを指している)準備できたかい?9日以内に大きなことが起きるぞ」とツイートした。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.イギリス人は火曜日から我先に中共のワクチンの実験台になろうとしている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共ウイルスに対するワクチンの接種は、12月から始め、以後世界各地で実施される予定である。


◆最初の80万本の中共ウイルスのワクチンは超低温冷凍庫に積まれ、イギリスに送られた、火曜日から、スコットランド、ウェールズ、北アイランド、イングランドの50の病院で投与される。


◆イギリスの保健大臣が何を血迷ったか、ワクチン接種の初日をVictoryDayと称えていた。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1,927回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.