検索

12/08 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.ニコラス・マドゥロが間もなく倒されるため、米国家安全保障問題担当大統領補佐官がベネズエラの人々に行動を起こすよう呼びかけている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国家安全保障問題担当大統領補佐官はベネズエラ国民に対し、12月7日から12日までの間に行動を起こし、不正選挙によって政権を握ったマドゥロの偽政権を打倒するよう呼びかけた。


◆ベネズエラを良い方向に変えるために、わずか6日しか与えなかったことから、米国は十分な準備と、その後の一連の行動をすでに計画していたことが分かる。


◆路徳の予想によると、フアン・グアイド新政権になれば、DominionとSmartmatic選挙システムによる不正行為やその背後にある勢力についての証拠がすぐに米国側へ提供され、それにより中共が米国大統領選挙に干渉していたことが確定しやすくなり、滅共のための一連の行動のための布石になるという。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.米国国家安全保障会議の紹介

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆・米国NSCの議長は大統領。

・法的参加者には副大統領、国務長官と国防長官、エネルギー長官。

・情報関係アドバイザーには国家情報長官。

・定期的参加者は国家安全保障問題担当大統領補佐官と首席補佐官など。

・追加参加者は会議によって決まり、通常は財務長官、司法長官、国土安全保障長官、米国国連大使、行政管理予算局局長など。


◆定期的参加者である国家安全保障問題担当大統領補佐官の呼びかけは米国政府の行動の合図を意味する。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.路徳の衝撃的なリーク「米国の政治が徹底的に変わる」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国が社会主義化する可能性を排除するため、トランプ大統領は滅共すると同時に、左翼である民主党をも排除する。その後共和党を二つの党に分裂させるだろう。


◆米国の政党がしっかり民意を反映させるために、トランプ大統領は自ら政党を立ち上げ、米国の政治を推進していくだろう。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.中共の軍部が不安定に、軍の新聞が再び郭伯雄、徐才厚、房峰輝、張陽を批判

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆軍の新聞の記事によると、敵対勢力や色の革命の不穏な動きに対し断固として抵抗し、断固として軍の非党派化、非政治化と国有化などの誤った観点を阻止する。


◆この記事から、中共は爆料革命と米国の攻勢によって、失脚寸前であることが読み取れる。


◆習近平はすでに周りに対して極度な不信感を抱いており、もはやプロパガンダマシンを通じ、再び郭伯雄、徐才厚、房峰輝、張陽を名指し、脅迫することでしか、軍の上層部に忠誠心を尽くしてもらえなくなっている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.FTSE Russellは米国が制裁した中共企業8社を除外

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆同社広報担当者が12月4日に「12月21日より、FTSE Russellは米国制裁リストに載っている中共企業8社(Hikvision、中国鉄建、中国航天科技集団、中国交通建設、中国核建、中国中車、曙光 (スーパーコンピュータ)、中国化工集団(ケムチャイナ)をFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスから除外する。」と発表した。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.ファイザー社元副社長、ワクチン研究の中止を求める

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共ウイルスに対するワクチンの重大な安全性に疑問を持つ科学者が増える中、ファイザー社のMichaelYeadon副社長兼サイエンティフィック・ディレクターとドイツの肺専門家WolfgangWodarg氏は欧州医療機関に、中共ウイルスに対するワクチンの研究を直ちに中止するよう緊急申請を行った。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2,603回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.