検索

12/07 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.トランプ大統領のジョージア州での衝撃的な演説

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ大統領は2人の上院議員の選挙運動のために同州を訪れ、山のような大観衆の前で震撼的な演説を行った。


◆トランプ大統領は演説で「今、私たちは共に国を取り戻そうとしている。ワシントン(政界)の闇を洗い出し、アメリカの運命を取り返す戦いは今始まったばかりだ。我々は絶対に屈服も降伏もしない。」と述べた。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.トランプ大統領は間もなくどのような大きな行動に出るのか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ大統領の力強い演説は、彼が大きな民意を背負い、行動する決意を固めたことを意味する。


◆路徳社の分析によれば、これらの行動には、国家非常事態の宣言、戒厳令の発令、アンティファに対する措置、中共と協力し米国を売り渡そうとしている多数の政府官僚、裁判官、議員の逮捕などが含まれるという。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.どんな衛星電話を用意すればいいのか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆戦時中に使えるのは軍用衛星だけで、爆料革命は核心的な戦友に暗号化された衛星電話を提供する。


◆戦後復興のための衛星電話は、中共とはまったく協力関係にないものに限られる。それでしか中共の体系が滅ぼされたあと、正常に使用することができないからだ。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.墨博士の大胆な分析「中共崩壊後、中国の混乱は避けられない」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国が中共を滅ぼしたあと、民主的な中国を確立する責任は中国人自身にある。しかし、何千年もの宦官文化に浸ってきた中国人は、その準備ができていない。そのため、彼らは長年忠義を誓ってきたご主人様を滅ぼした、新中国連邦と正義の連合軍に対して敵意を抱きかねない。


◆多くの中国人は中共が滅ぼされたことに対して、信仰が崩壊し、短期的に組織や勢力に対する不信感と敵意を抱くだろう。また、彼らは長く抑え込んでいた破壊願望を解き放ち、社会不安を引き起こす可能性もある。


◆中共が中共の政権の安定を維持するために飼っていた、数千万人にも及ぶ特別団体は、自分たちの権力が失うことを諦めきれず、混乱に乗じて、新中国連邦の旗の下でチャンスを伺い、ごまかしや騙しなどを酷使して、小さな中共を目指すだろう。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.中共が壊滅した後、軍が乱立するような状況にはならない

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共は軍事遂行能力を持つ連隊レベル以下の軍営に対しては、銃と弾を別々に管理する措置を採用している。


◆これらの軍営は、通常銃を携帯しているが中には弾が入っていない。そのため米国が中共の弾薬庫を破壊したあと、各軍営と一般市民に被害は及ばない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.米国が中共殲滅作戦を開始するのは来年の4月

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国が行動に移す前、爆撃するターゲットを事前に知らせる。


◆戦友たちはGTVや路徳社の情報を引き続き伝え続け、もっと多くの中国人に爆料革命の最新情報に注目してもらい、爆撃のターゲットから離れるようにしていただきたい。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7.フォルクスワーゲン、チップの供給逼迫で生産停止

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆上汽大衆汽車(フォルクスワーゲンと上汽集団の合弁会社)は12月4日より生産を停止した、一汽大衆(中国第一汽車とフォルクスワーゲンの合弁企業)も12月上旬に生産を停止していた。


◆生産停止の原因は、新製品、特にハイエンドチップの供給不足によるものである。


◆中共が独自に開発した車のチップは1%~5%程度しかなく、スマホのチップよりも少ない。庶民を騙し。強奪していた中共経済は米国の制裁を受けた後、まずは自動車産業から足をすくわれている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4,438回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示