検索

12/05 路徳社 ナイトNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.スイングステートの選挙調査がガチに

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆ミシガン州の判事がアントリム郡の選挙マシンに対し、法医学式(Forensicinspection)の検査を行い、さらに2020年の選挙に関連する証拠隠滅を禁止した。これはDominionの全てのソースコードが余儀なく公開させられることを意味する。


◆アリゾナ州立法機関の議長がマリコパ(Mariccopa)郡の選挙用ソフトウェアDominionと機器に対する監査を求めた。


◆ジョージア州GonKemp知事が州の投票用紙の署名の監査を命じた。


◆様々なことから、泥沼に足を突っ込んでいた人々が保身に転じていることが分かる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.リンウッド弁護士が明確に「中共はCovid-19(新型コロナ)という生物兵器を使い、米国を襲撃した」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆彼はまた、中共が我々の国を襲撃し、米国大統領選挙を自分たちの物にしようとした、そろそろ米国は自由主義と独裁主義のどっちかを選ぶときだと述べた。


◆我々はトランプ大統領のために戦っている、決して習近平と彼の傀儡人形バイデンのためではない。


◆このツイートは重要な軍事情報に基づいており、ツイートされたあとTwitter社はこのアカウントを凍結しておらず、ツイートにタグ付けもしていない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.「一触即発」NATO連合軍は力を合わせ中共を滅ぼそうとしている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆NATO加盟国が一つでも攻撃を受けた場合、他の全ての加盟国が自動的に参戦する(正式な宣戦布告は必要ない)、各国がコミットした資源はその国の議会の投票や国連の承認を必要とせず、事前に取り決められた条件が自動的に実施される。


◆だが、生物兵器や核兵器戦は最高レベルの攻撃であるため、連合軍が反撃する際には、敵の軍事施設を完全に破壊しなければならない。


◆リンウッド弁護士のツイートから判断すると、NATO軍はすでに新型コロナは生物兵器であることを認識している可能性が高いため、NATO連合軍が中共に対して攻撃するのはすでに一触即発の状態である。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.ロシアが中共を見切り、NATO連合軍が世界連合軍に変わる

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆この度の連合軍による大規模行動の展開において、ロシアは意外にも積極的に協力し、重要な情報をも提供していた。


◆ロシアの予期せぬ裏切りにプラス、アジアでは日本、インド、オーストラリア、ニュージーランドなどの国々は滅共連合軍となるだろう。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.在中米国人の大規模撤退

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国は三週間前からすでに中共に新型コロナの発生源を徹底的に調査するよう通告していたが、中共は未だにそれを無視している。


◆米国はすでに非公式なルートを通じて、中国に駐留している13万人の米国人と中国(香港、マカオを含む)を旅行している50万の米国人に一刻も早く避難するよう通知しており、これには間もなく暴風雨がやってくることを意味する。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.連合軍はどうやって滅共するのか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共内部から誰も立ち上がらない状況において、連合軍がとる方法は一つしかない。

斬首作戦を行いつつ、中共を支持する3700の標的を一斉に、徹底的に壊滅させ、中共の体系全体を瞬時に機能不可にした上、連合軍が中共国に進軍する。それでしか軍閥の乱立と人道災害を回避することができない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7.新中国連邦はどうやって中国を救うのか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆連合軍の手が届かない広大な大地で、再び独裁者が現れないようにするためには二つしなければならないことがある。

1、情報の流れの確保、GTVや路徳社の情報を隅々まで届けさせ、民衆が方向性を失い、盗賊に脅迫や誘拐されることを防ぐ。

2、食糧供給の確保、人道災害を回避する。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media、文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4,842回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示