検索

12/04 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.米国が「外資企業説明責任法」を成立させたことに対する,中共証券監督管理委員会の不条理な対応

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共は2017年PCAOBが中共国のとある会計事務所に対して実施した検査に協力していたとし、2019年ではPCAOBに対して何度も会計事務所についての具体的な提案をしていたという。


◆中共の対応は外資企業説明責任法の中に要求していた「米国で上場しているすべての外資企業は、その政府の支配を受けていないことを証明する必要があり。また、PCAOBが定めた基準を三年間連続で満たさなければならない。」とはまったく関係ないことである。


◆この対応は中共が中国株は米国の監査を未だに受けたことがないことを認めていたようなものである。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.中共外交部のチンピラのような対応

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共外交部広報の華春瑩は「米国が中国の会社に対する差別政策を取ったのは、中国の企業への政治的な抑圧であり、証券規制の政治化に強く反対する」と述べた。


◆発言全体が政治的な言葉とスローガンのような対応であったことから、中共自身が証券規制を政治化した当事者であることを物語る一方、中共の恥知らずなチンピラのような性質を露わにしていた。「俺は監査を受けないでいいけど、お前ら米国人も責任を認めろ、認めなければ米国人は証券規制を政治化した上、中国の会社に対して差別したってことだからな!」。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.「外資企業説明責任法」の成立は米国政治が大きく変化したことを意味する

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆この法案が成立できたのは、中共が長年、いくつかの中共上層部家族の海外でのDNAマップである、劉特佐やNickie Davisのような人物を使った、米国利益団体へのロビー活動が、今回その効果を発揮することなく、完全に失敗したことを意味し、米国政治が完全に方向を変えたことを示している。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.路徳が「どうやって中国株は中共と関係していないことを証明するのか?」を語る

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆政府からの投資を受けているのかどうか。


◆銀行の融資は中共からの指示を得ているのかどうか。


◆党の組織を設立しているのかどうか。


◆事業内容や市場シェアが政府の政策に支えられているか。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.ハードディスク事件についてのCNN内部会議の録音が、CNNという大プロパガンダメディアの本質を露わにした

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆会議の録音によると、CNNは常に彼らが非主流右翼メディアと呼んでいる、Fox、BreitBatt、ニューヨークポスト、路徳社などを常に注目しているという。


◆会議では、ハードディスク事件に関する独自の調査証拠については一切議論されず、他のメディアの引用の仕方だけを議論していた。


◆会議では、バイデンのハードディスクの具体的な内容については一切触れず、真相を気にするどころか、総編集長は報道しないことを決め、周りはそれに従っているだけである。


◆会議の中ではハードディスクの内容をリツイートした二人の社員について責め立てていた。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.230法案の廃止はメディア独占時代の終焉

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆230法案が撤廃されれば、ビッグテックはアカウントや記述内容の削除権を失う、すべての個人メディアのアカウントは永久的な資産となり、真の言論の自由が実現され、ビッグテックによる言論統制が完全に終了する。


◆技術の発達により、スターリンク通信網が間もなく応用の段階に突入する。現在テレビなどの主流メディアが築き上げた市場独占は逆に自分たちの足枷となり、テレビ業界の終わりが近づき、インターネットテレビによる新しい時代が間もなく始まる。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media、文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

889回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示