検索

12/03 路徳社 ナイトNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.トランプ大統領が戦前総動員を開始する重要な演説を行った

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ大統領は「この演説は私の人生で最も重要な演説である、私にとって米国の憲法と法律を守ることが最優先な責務である。その中、民主党は中国からやってきた新型コロナを利用し、今回の大統領選挙を操作した。」と演説を行った。


◆米国がすでに超限戦によって深く浸透された今、トランプ大統領が憲法を守ることを述べたのは、戦前総動員のため、これから取られる一連の行動の道筋を立てている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.なぜリンカーンは偉大だったのか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆リンカーンは「一方が戦争を起こしてても、国を存続させようとしていない、もう一方は戦争に立ち向かってても、国を滅亡させたくない。米国に4年もの災難を起こし、60万もの人々を死に追いやった暴力、これは神が250年もの奴隷制度という罪に対する最終的な懲罰である。神は人間に血でその罪を償わせようとしている。」と過去に述べていた。


◆リンカーンは慈悲を捨て、反乱を鎮め、奴隷制を廃止し、完全な領土を守ったことで、米国を人類の文明の象徴にすることができた。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.トランプ大統領は必ず偉人となる

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆人々は他人の自由に頼って、自分の自由を実現しようとしている。14億の中国人には自由がない、それじゃ米国も必ず自由を失う。(すでに失い続けている)


◆ウォール街が14億人の奴隷を自分たちの財産を増やすための道具にする時代は間もなく終わる。


◆トランプ大統領は米国が侵略され、国民の選挙権が奪われる危機的状況に立ち上がった、米国を救うための選ばれし者である。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.リンウッド弁護士から中共に一喝

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆リンウッド弁護士が「米国は再び1776年の建国時に立った、我々は自由のために戦う、北京の中共政府に絶対に我が国を占領されはしない、ここはアメリカだ、相手を間違えたな。」と述べた。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.下院で説明責任法案が可決され、中国株が米国で上場廃止や監査対象に

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆路徳社が29日に報道したように、「外資企業説明責任法」は下院で三分の二の賛成を得て、早いスピードで通過した。


◆これには米国の利益団体は、すでに中共と正式的に手を切り、中共との利益において最も重要な取引きを終了させたことを意味する。


◆中共は米国での後ろ盾を失い、滅亡にどんどん近づいている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.NATO国防相会合で正式的に中共(中国ではない)の脅威について協議

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆会議では、中共の国際機関への干渉、経済侵略戦術、他国のインフラ支配、悪質な融資などについて、共同で中共の脅威に対処したいと協議した。また、会議において中国ではなく、すべてCCP(中共)が用いられた。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7.米国が当年原爆投下任務に使われていた空軍基地を再建

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆この基地はグアムより北160キロにあるテニアン島である、当年広島と長崎に投下した原子爆弾を載せたB-29爆撃機がここから発進していた。


◆再建後はグアムのアンダーソン基地のバックアップとして機能し、戦場での生存率を大幅に向上させる。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media、文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

447回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示