検索

12/02 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.米財務省が中国電子進出口総公司に対して制裁すると発表

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆ムニューシン財務長官が「米国はベネズエラの人々や世界中の人々の民主的な意志を抑圧する個人や団体に対して打撃を与える。」と述べた。


◆この制裁は中共がDominionとSmartmaticを使って米国やその他の国の選挙を操作していたことと関連しており、それと同時に最近明らかにしたKrakenプロジェクトとも関連性がある。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.司法観察(Judicial Watch)がハンター・バイデンの渡航記録を要求

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆司法観察が6件の訴訟と数十件の情報自由法(Freedom of Information Act)を通じて、ホワイトハウスのシークレットサービスの主要管理部門、国土安全保障省に対し、ハンター・バイデンとBurisma社やCEFC China Energy(華信能源社)と関連する渡航記録の提出を要求した。


◆この情報は前大統領令によって封印されていた。


◆トランプ弁護団はハンター・バイデンの渡航記録を合法的に封印解除するために、外部訴訟を通じて判決を得た。


◆前大統領令によって隠蔽された秘密を明らかにさせ、後の大きな動きへの道筋を作った。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3. CNNは本気で中共が新型コロナの真相を隠していることを暴露したのか?小さなディスりの裏には大きなサポートが隠れている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆CNNがありえないことに、中共が新型コロナの真相を隠していると報道した。この小さなディスりの裏にはバイデンが政権を握ったあと、中共がついた嘘を追求するための道筋が隠されている。


◆報道では、中共が新型コロナの真実を隠蔽したのは技術の遅れを隠すためだとしている。それと同時にトランプ大統領が新型コロナをただの風邪だと言った責任に対して責め立て、最終的には米欧諸国はWHOと共に新型コロナの由来を調べるよう呼びかけた。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.CNNの報道にはある狙いが隠れている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆バイデンが政権を握ったあと、いわゆる組織の調査によって、新型コロナの由来についての嘘の結論を出す。

        ↓

バイデンが中共に、形としてある程度の賠償を支払わせる。

        ↓

バイデンが新型コロナの真相を解明、そして中共に賠償を支払わせたと大いに持ち上げる。


◆これによって、トランプ大統領がしっかり新型コロナの真相を追求しなかったことを責め立てることができ、さらに中共がバイデンの要求に従い賠償を支払ったため、中共は責任感のある大国であるとアピールできる。


◆最後は人類のため、中共と共に新秩序の世界を築き上げ、世界は完全に地獄と化す。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.劉特佐の奇妙な正体が中共の成功法則を解明「極悪非道、疑心暗鬼」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共は創立から現在に至るまで、ずっと偉大で公明正大なイメージを宣伝してきた。しかし彼らが実際やってきたことは、普通の人には想像もつかないほど残酷なものだった。この人格が分裂したような性格こそが彼らの成功の秘訣である。


◆そのため、中共内部では常にお互いがお互いを監視している、誰をも信用としない。唯一信用できるのが自分の生殖器から生まれた人物である、しかしその上を行くのは生殖器から生まれた人同士による近親相姦である。


◆これが中共が延安時代から今日まで、すでに見慣れた上から下までの乱交現象の原因である。これを当時の国民党は共産共妻と呼んでいた。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.なぜ劉特佐がまだ逮捕されないのか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆何百億の米ドルを含め、彼にはまだ大量の海外資産が回収されていないからだ。しかし、これらの資産はオバマの大統領令によって保護されているため、追徴することができないでいる。


◆また、劉特佐はイギリス留学中にM5やM6と密接に連絡を取り合っており、彼の欧米やアジア各国への渡航はその国の諜報機関と直接連絡を取り合うためであり、彼は大量な情報を握っている。


◆問題が起きたあと、彼はあっちこっちで身を隠し、孟建柱は劉特佐を守るために米国のCIAと多くの取引きをした。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7.劉特佐の育ての母が「孟建柱がかつて東南アジアを完全に支配していた」と証言

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆劉特佐の育ての母は口が軽く、あっちこっちで孟建柱は中共の第一人者であることを言いふらしていた。


◆メコン川事件、東南アジアの新幹線建設、マレーシアの原子力潜水艦基地の建設、石油、ガスの開発、シンガポール支配のためにCountry Gardenでマレーシアの家を買い、国の中に国を作ったり、諜報基地の設立など、そのすべてを孟建柱が完全に支配していたという。


◆なお、その具体的な指示は劉特佐の育ての母呉玉幼の言いなりだったという。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media、文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2,061回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示