検索

12/01 路徳社 モーニングNEWS



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.中国建設、セミコンダクター・マニュファクチャリング・インターナショナル(SMIC)、中国海洋石油集団(CNOOC)、中国国際工程諮詢公司(CIECC)が制裁リストに追加される予定

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ大統領はまもなく、事実上中共軍が支配しているこれら4つの会社を制裁リストに加える。


◆これらの会社は中共が築き上げた最も大きい建設会社、チップ会社、海洋石油会社と中共の海外プロジェクトのすべてのコンサルティングを担当している国際的なエンジニアリングコンサルティング会社である。


◆この制裁は中共のチップ産業と海外プロジェクトに対して壊滅的な打撃を与える。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.今回のトランプ大統領はガチだ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆覇社であるこの四社は、どれもファーウェイよりはるかに大きい企業であり、中共の海外展開において最精鋭な力である、今回の制裁は中共の急所への攻撃である。


◆この四社はどれもウォール街からフォローアップされている、その建設資金は主にウォール街から来ているため、今回の制裁はウォール街の輸血ルートを遮断することとなる。


◆この制裁リストが発表されたあと、多くの主流メディアが静けさを保っている。これはウォール街の背後にある利益団体はとっくにこのことを見当しており、これから何が起こるのかをよく分かっていたし、トランプ政権とは双方合意していることを意味する。


◆今回のトランプ大統領は本気だ。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.中共船や飛行機の乗組員が米国で尋問される

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中国日報の報道によると、11月11日中共の船21隻が米国で停泊している際に、米国から抜き打ち検査を受けたとのこと。また、9月以降16便の飛行機の乗組員がその身分は中共党員であるかどうかや入党した原因について尋問を受け、その時間は何時間にも及んだという。


◆しかし中国日報が報じなかったことがある、その抜き打ち検査は情報によるものであり、検査は携帯やパソコンまでが対象となっていた。また、その尋問内容は大統領選挙の不正投票と新型コロナの投毒と関連している。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.ジョージア州の裁判官が2回連続で逆転判決を命じる

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆すべての投票機はすべて現状のまま、掃除およびリセットの禁止を要求する緊急命令が29日、州裁判官から出された。


◆一時間後、裁判官は郡県の投票機は被告の管轄外であることを理由に、この命令を取り下げた。


◆リンウッド大弁護士は即座に郡県を被告リストに加えたため、裁判官は再度命令を出さなければいけなくなり、当州の三つの県の投票機を10日間封印した。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.裁判官命令の逆転判決から見て分かるように、トランプ陣営は間違いなく勝つ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国がこれほどまで浸透されている状況の中でも、法制度はしっかり機能している、これだけで米国は再び偉大な国を取り戻せる。


◆買収できるような裁判官のレベルは低い、大弁護士リンウッドにとっては相手にすらならない。


◆トランプ陣営のリンウッド大弁護士は法律に対して驚くほどのスキルと対応力を持っているため、Twitter社ですら彼を怯え、彼のアカウントを凍結できないでいる。


◆民主党の腐敗した官僚体系に雇われた500人の弁護士じゃ、本物の才能を持った堅実なトランプ陣営の弁護士とじゃ、争うレベルにすら達していない。そのため、法律戦においてはトランプ陣営側が勝ち続けている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media、文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


468回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.