検索

11/29 路徳社 ナイトNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.イランの核兵器の父モフセン・ファクリザデ(MohsenFakhrizadeh)の斬首作戦による連鎖反応

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆最近の米国防長官の中東訪問、B52爆撃機の米国から直接中東へ渡った爆撃演習、及びその後に起きた米国の反応を考慮すると、今回の斬首作戦は米国とイスラエルによる共同作戦である可能性がある。


◆作戦では、爆薬を積んだ車両がターゲットの車のそばで爆発したあと、銃でとどめをされていた。全体の作戦から、非常に高い潜入、組織、情報収集能力が見て分かる、前回のドローンによる斬首作戦よりもはるかに難易度が高く、中共への警告という意図が強く含まれている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.ペンシルバニア州の2019年投票改革法77条をめぐる下院の訴訟が棄却される

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆ペンシルベニア州上級裁判所は、原告が証拠を提出せず、同法の施行日から180日以内に訴訟を提起しなかったことを理由に棄却した。


◆州下院は上級裁判所の棄却は予想通りであり、180日以内に実害をもたらさなかったため、訴訟を提起できないとしている。


◆州下院が証拠を提出しないのは、早く連邦最高裁に提訴するためである。


◆最高裁では、一枚でも不正投票の証拠があれば、この法案が全ての有権者の権利を傷つけたことを意味する。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3. 米国民個人が法案を覆す返す方法

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆各州の議会で可決された法案は、誰も訴えなければその州でずっと施行することができる。しかし、施行の際に連邦憲法に違反し、実害を起こした場合、米国民であれば誰でも連邦裁判所に訴え、法案を廃止させることができる。


◆上述のように、もし77号法案が廃止となれば、すべての州での郵便投票がすべて無効となる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.オハイオ州でトランプ大統領が勝利したことが確認された

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ大統領がオハイオ州でバイデンに8ポイントのリードで勝利した。


◆オハイオ州は、投票用紙の郵送を簡素化し、メッセージ性を高め、不在者投票(郵便投票)の否決率を大幅に低下させたことで、初めて選挙結果を公式に宣言する州となるだろう。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.トランプ大統領は今、歴史上最も偉大な選挙合戦を繰り広げている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆今回の選挙戦においてのトランプ陣営戦略:

 1、選挙中では自ら引き下がり、相手に不正を行わせリードさせる。

 2、選挙後、相手がリードしているため起訴することができない。

 3、トランプ陣営は相手がリードしている州で攻撃を始め、破竹の勢いで勝ち進む。

 4、選挙によってディープステートの最底辺まで釣り上げ、そして一網打尽する。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.楊潔篪が第17回中国-ASEAN EXPOに参加した

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆今回のエキスポは南寧で行われており、パキスタンの総理が特別ゲストとして招かれている。


◆当エキスポはデジタル経済を核心としており。中共はいまだに自らの勢力圏でハイテク奴隷制モデルを広め、押し付けようとしている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media、文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

427回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.