検索

11/29 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.ペンシルベニア高等裁判所が「トランプの敗北」を認めたのは違憲の可能性がある

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆この判決の核心は、裁判官がもしトランプ陣営が連邦裁判所に上訴した場合この判決は違憲となる可能性があると言ったことである。


◆この共和党の裁判官が言いたいのは、州憲法に基づきトランプ陣営が敗北したことを判決するのは何も問題はないが、もし連邦憲法に基づく場合、この判決は違憲となる可能性が高く、問題のある判決である。


◆この裁判官の迅速な判決は、トランプ陣営が連邦裁判所に上訴するための道を開き、最高裁判官が12月14日までに判決を下すために貴重な時間を節約するためである。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.CNNがトランプ大統領が結果を覆すことを認めたのはなぜか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆共和党が支配する主要なスイングステートの州議会は不正があったと考えており、州務長官と選挙人団のリストについて争う可能性があり、連邦裁判所に裁定を求めている。


◆もし判決が12月14日前に出せなかった場合、バイデンは270票に届かない。


◆最終的には連邦下院の一州一票制で大統領を選ぶこととなり、その結果は26-23でトランプ大統領が勝つ。


◆この報道から、中共と民主党は選挙の行方に対してよく理解していることが分かる、ここからは壮絶な法廷での戦いが繰り広げられることが予想できる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.中共の邪悪な後出しジャンケン

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆双方の選挙票が270票に満たない場合、下院での投票でトランプ大統領は間違いなく勝つが、副大統領は上院の投票によって決まる、議長のマコーネルは親共のため、副大統領にはカマラ・ハリスが選ばれる可能性がある。


◆上記のようなシナリオでは、中共はマフィアが使うような手段で大統領を討ち取る可能性が高く、そうすれば民主党の副大統領が大統領の後任となる。これが中共が長い間計画してきた、バイデンが選挙で不利となった場合の後出しジャンケンである。


◆そのため、選挙人団の投票でバイデンに完勝しているトランプ陣営は、連邦裁判所が12月14日の前に、郵便投票を無効にする判決を出せるように時間を押している。


◆しかし、中共の陰謀は、州務長官に投票の再集計を12月14日まで引き伸ばさせ、大統領の決定権を議会に委ねようと画策している。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.路徳が主流メディアがなぜ全て親共なのかを解説

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国のテレビ番組のコンテンツを配信する方法として、インターネットライブ、インターネットテレビ、衛星テレビ、有線テレビの4つの方法がある、その中で最も人気があるのは、月額料金を支払った後に無料で視聴できる有線テレビである。


◆ しかし、有線テレビは光ケーブルの敷設から月額テレビの番組表まで、長年の発展によって事実上独占状態である。だから、番組表に掲載されるテレビ局がいわゆる主流メディアである。


◆しかしこの独占された市場はとっくに中共によって徹底的に浸透されている、そのため主流メディアは全て親共となった。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.パウエル弁護士の訴状から投票に透かしが存在することが確認された

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆訴状の35ページに、投票に透かしが入っていることが証明された。


◆これはトランプ大統領が国家安全保障の大統領令を行使したことを意味する。最高機密という方法で、透かしの入った投票を有権者の手に届けさせた。


◆また、これは不正投票での「釣り」はかなり前から準備されていたことを意味し、前に紹介した米宇宙軍のKraken計画がこの釣り行動に参加していることをも暗示している。


◆正義の力であるトランプ大統領と邪悪の力である中共の対決では、技術が優れている方が勝つ。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media、文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

746回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示