検索

11/28 路徳社 ナイトNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.ペンシルバニア上下両院が共同決議案を起草し、州務長官の「選挙人団任命権限」の撤回を求める

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆選挙中、州務長官には通常二つの権力を持っている:

 1、当州の有権者による投票結果を決定する。

 2、その結果に基づき、選挙人団を任命する。


◆選挙人団のメンバーが当州の選挙で最終的に勝利する大統領候補者に投票する。


◆もし選挙が不正に行われ、その結果が民意を反映できないような状況となった場合、州議会は州務長官の二つ目の権力を撤回することができる。


◆州務長官が州議会の決定に不服がある場合、両者は連邦憲法裁判所に訴訟を提起することができ、最高裁裁判官は12月24日までに最終決定を下すこととなる。


◆期日までに判決が下されず、各大統領候補の選挙人投票数が270票未満の場合、最終的に大統領は米国下院と上院の投票によって決定される。


◆今年のペンシルバニア州での不正選挙がひど過ぎるため、すでに終了した州上院公聴会で真の世論がトランプ大統領側に傾き、操作された投票結果と一致しないため、州議会は州務長官の二つ目の権力を撤回する判断を下した。


◆ジョージア州とアリゾナ州でも間もなく同様なシナリオが起こると予想される。三つの州の選挙人票の合計は46票である。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.緑の党候補者の事件判決は総選挙に影響を与える

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆緑の党自由派候補のジル・スタン氏は4年をかけ、ようやく先月ある画期的な案件に勝利した。「彼の選挙チームに投票機のソースコードを検査する権利が与えられた。」


◆白熱した今回の不正投票を裁く司法での戦いにおける大切な時期である今、この判決はトランプ陣営にとっては、まるで天からの恵みのようなものである。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.トランプ大統領が「ハンター・バイデンはどこへ行った!」とツイート

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆まるでトランプバージョンの「全てが始まったばっかり!」。(以前郭文貴がライブの終わりにいつも口にしていたフレーズ)


◆最後のビックリマークが彼の勝利と心の強さを物語り、相手を恐怖に陥れる覇気が漂っている。


◆ツイートに隠された意味は。ハンター・バイデンが何をしているのかを知っている!さらに腐敗に染まった人々、ビッグテック、フェイクニュースと中共に対しても、何をしたのかはすべて知っている、その全てを暴き、必ず有罪にすると警告している。


◆これは相手に負けを認めさせ、背後にいる本当の悪魔は中共であることを証言させるためでもある。


◆また、米国の安全保障を脅かす真の脅威は誰なのかを忘れてはならないと国民に再度注意を促している。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.博博士が「選挙での不正行為がなぜこんなにも異常なのか」というパウエルの質問に答える

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆「バイデンのハードディスクの証拠を一部公開」 → 「民主党の内部が混乱し、終わりが近いことに感づく」 → 「どうすれば自分たちを守れるのか?」 → 「そうだ!大統領の権力を手にすれば、全てを闇に葬ることができる」 → 「後先構わず、大統領選挙で不正投票を行う」 → 「相手側が飛びつけばつくほど、トランプ陣営の証拠が増えて行く」 → 「証拠が増えれば増えるほど、世論がトランプ陣営に有利となり、相手側が早く倒れていく」。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.イラン核爆弾の父が暗殺される

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆イランの首席核科学者であり、イランの軍事とその計画とプログラムの立役者でもあるモフセン・ファクリザデ氏(MohsenFakhrizadeh)が、イランの首都テヘラン近郊のアッバサド市で銃撃され、死亡した。


◆イラン革命防衛隊のトップであるホセイン・サラミ氏(HosseinSalami)が「核科学者の暗殺は、私たちが近代科学の知識を得ることを阻止するための、帝国主義体制による最も明白な暴力的な対抗方法である」とツイートした。(共産国ではこのように国民を洗脳していく)。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media、文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

553回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示