11/28 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.トランプ大統領が「 国防のため、230法案を直ちに打ち切らなければならない」とツイートした。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ大統領のこのツイートは脅しではない、実行に移す前のクッションである。


◆路徳が「SydneyPowellはまもなくこれまで使ってきた2つの主要な訴状テンプレートを使い、米国の安全保障の脅威となっている米国のソーシャルメディアを操作した中共を起訴する」と断言。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.230法案は様々悪事を行うソーシャルメディアのお守り

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆この法案はソーシャルメディアに二つ大きな免責を与えている

 1、ソーシャルメディアは第三者のコメントに対して責任を負わない。

 2、彼らは責任を負うことなく、いかなる口実で、彼らが不快と感じたコメントを削除することができる。


◆これらの免責はFacebook、Google、Twitter社にいかなる訴訟を怯えることなく、好き放題にさせることができる。


◆憲法修正第一条に違反し、言論の自由を侵害したと訴えても、彼らは自分たちは民間企業だと言う。投稿や利用者のアカウントを恣意的に削除したと訴えれば、彼らには法案から与えられた免責事項がある。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.国家安全保障大統領令は敵対国への核兵器

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆この大統領令は愛国者方案より授かった一方的な政策手段であり、議会による再承認を必要としない。ただし、国家安全保障会議の認定を得てから、その政策提言に基づいて発行される。


◆一度発行されれば、棄却するためには必ず下院の三分の二以上の賛成が必須となる、後任の大統領でも前大統領が発行した大統領令を棄却することはできない。


◆大統領令には、軍事装備の配備、販売、移転の規定や執行を含め、隠密かつ低強度の軍事作戦の指揮、戦争プロパガンダや心理戦を発動する権限を持つ。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.なぜ路徳はトランプ大統領は間もなくこの核兵器を使うと確信しているのか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆現在、トランプ大統領は80%の有権者から支持されており、世論の基盤はすでに十分である。


◆中共は大統領令の力をよく知っている、だから民主党のバイデンをずっとフォローし、トランプ大統領への弾劾を支持してきた。


◆一方、中共はトランプ大統領の周りにはムニューシンやクシュナーなどの勢力に対しロビー活動を行い、トランプ大統領にずっと決断できないようにしてきた。確かにトランプ大統領の823デカップリングと香港人権法案をないがしろにされたが、トランプ大統領はその中でも一歩ずつ中共に対する認識を深めていった。


◆2017年から「爆料革命」が誕生し、郭文貴の卓越した勇気のもとに、世界中の戦友たちが集まり、中共の悪政についての真実を広め、米国を2017年中共とのハネムーンから徐々に目を覚まさせ、「騙された結婚」である現実を認識させた。


◆特に王健氏の殺害、香港の逃亡犯条例改正案、新型コロナウイルスによるパンデミック、バイデンのハードディスク、そして2020年の大統領選挙への干渉についてのスキャンダルをリークし続けたことで、米国全体に中共の敵対国に対する本当の素顔を見せつけることができた。


◆米国の国家安全保障が大きな脅威に晒されていることを理解させたことで、トランプ大統領が最終的にやっと大統領令という核兵器を使わざるをえなくなった。


◆230法案を廃止する大統領令の必要条件はすべて整っており、いつでも発令される可能性がある。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.中共国は12月に「食品浪費反対法案」を発表する予定

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国の中共への追及を求める世論が高まる中、中共国の食糧供給がかつてないほどに圧迫されている。


◆中国国民は間もなく自由に食事をする権利が中共によって奪われる、食を何よりも大切にする中国人は、王岐山が言ったように中国人は本当に草を食べる日がやってくるのか?



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6.鍾南山氏が香港で全面的な新型コロナのPCR検査を行うよう喚いている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆すべての香港人がさらに恐ろしい追跡と監視の対象となり、特に香港の国家安全保障法に反対する者は、いつでも新型コロナを口実に逮捕される可能性がある。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------引用:路徳社LUDE Media、路德文宣组、文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3,072回の閲覧0件のコメント

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.