検索

11/27 路徳社 ナイトNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.25日トランプ政権がキッシンジャーを含む、米国防総省の諮問機関顧問11人のアドバイザーを排除した

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆その他の10人には、マデレーン・オルブライト(クリントン国務長官、オバマ大統領の自由勲章)、ゲイリー・ラフヘッド、ルディー・リオン、元海軍、元情報機関の核心的な長官、またはブッシュとクリントン政権の米国防総省の核心的な政策立案者などが含まれている。彼らは数千人のリストの一部である。


◆トランプ大統領はパープルハート章を受賞した空軍のスコッティ・オクライト准将と元下院議長ニュート・ギングリッチを顧問に指名すると同時に、オバマ政権の官僚3名の推薦を拒否した。


◆さらに重要なのは、トランプ大統領は委員会の理事会を再編し、キッシンジャー、オルブライト、ジェーン・ハーマンの3人を排除し、鷹派のAnthony.Tata、Kashyap.Patel、Ezra Cohen-Watnicの3人を加えたことである。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.なぜトランプ大統領は1期目の任期の終わりに彼らを排除したのか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆排除されたのはブッシュ、クリントン、オバマ政権の人々である。このことはトランプ大統領が数十年変わらなかった国防政策を大きく変化させたことを示唆している。


◆彼らは全員中共と密接な関係がある人物で、彼らを排除したことはトランプ大統領は間もなく中共に対して行動を起こすことを意味する。


◆1期目の任期の終わりに入れ替えをしたのは、トランプ大統領の再選はすでに決まったことを意味する。


◆どの人物の裏にも利益団体が関わっているため、今まで彼らに手を出すことはできなかった、しかし今彼らを動かすことができるということは、彼らは裏の利益団体の支持を失ったことを意味する。


◆その裏にある利益団体は決意を固め、中共に別れを告げ、トランプ大統領を支持する道を選んだことを意味する。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.ニューヨーク州知事が突然メディアでトランプ大統領を支持した

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆隠そうともせず長年親共の民主党のニューヨーク州知事を務めてきたクオモ氏は、捏造をやり過ぎたメディアに対し「トランプ大統領に敬意をはらえないのは、気を付けた方がいい」と警告した。


◆この突然な切り返しは一見奇抜に見えるが、利益団体のトランプ大統領側への傾倒、ディープステートが崩壊しつつある昨今の状況から考えると、クオモ氏のパフォーマンスは本能的な自己防衛反応以外の何物でもない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.「ソーシャルメディア巨頭の終焉が始まる」とSydneyPowellがビッグニュースをツイート

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆Facebook、Google、Twitter社が我々の言論を統制し、この法外な不正選挙を助けた。我々の宣誓供述書を見てみよう、誰がバイデンと共産主義のために資金を提供していたのか、その真相を知って欲しい。


◆宣誓供述書では、証人と証拠は資金提供国をキューバ、ベネズエラ、中国共産党、イランと特定している。この供述書は裁判で争われることなく、裁判の判決後では公式的な結論となる。


◆この供述書は大手ソーシャルメディア会社に対する警告である。「これ以上やり過ぎたら、ミシガン州の大統領選挙に使われた訴訟と同じように叩き潰す」



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media、路德文宣组、文寶Porsche 翻訳:RyouTb

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4,415回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示