検索

11/27 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.SydneyPowellの2大訴状が法律による滅共戦で重要な役割を果たす

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆ミシガン州とジョージア州の2つの訴状の内容は基本的に同じような物であり、州憲法、連邦民事訴訟法、連邦憲法に基づいている。


◆一つの訴状の原告はミシガン州オセアナ郡共和党委員長のRichardである、被告は州知事、州務長官、検査委員会の3者である。


◆原告と被告は全部同じ州の者であり、裁判官は必ず開廷しなければならない。


◆訴状の核心は第17条「添付した一人の305軍情報局のSAMミサイルシステムの電子情報を収集している経験豊富な元電子情報分析官が声明で説明および証明したように、中国とイランに仕えている代理人が測定と選挙への干渉をするため、Dominionに訪ねた。」。


◆この条項の核心は「中共を米国の敵対国であるイランと同列にした」ことである。


◆裁判が決着ついた後、「イランと中共が米国の大統領選挙を不正に操作した」ということが、裁判所によって公認された結論となる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.2つの訴訟の評決は、中共の邪悪な体制のドミノ倒し効果を引き起こす

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆本件は流れに沿って、米国最高連邦裁判所に上告され、同裁判所が判決を下すこととなる。


◆この判決を基本に、中共の外交特権が間もなく取り消される(別件で提訴される)。


◆中共の外交特権というお守りが取り上げられれば、完全なデカップリング、中国株の上場廃止、新型コロナの発生源についての真相および説明責任、グレートファイアウォールの破壊、中華民国時代の国債返済など、トランプ大統領が実行できなかった数々の行動はもう邪魔されることなく、破竹の勢いで進んでいく。


◆中共の邪悪な体系がドミノのように倒れていき、中共の不公正な貿易、外貨準備、米国での資産、海外に潜む膨大な数のスパイは一瞬にして消え去る。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.この2つの起訴で、なぜ誰もイランと中共を擁護しないのか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆訴状に記載された要求は、既に十分な証人や証拠などの準備が整っていたため、認証の停止、Dominionシステムと投票の即時差し押さえを含め、裁判官には技術面での障害を少なくさせ、ただ手順を踏んで進めばいいだけである。


◆この訴訟は民主党に影響がないため、民主党は法廷で弁護する資格はなく、州知事や州務長官と検閲委員会の過ちとも関連しないため、彼らも弁護する資格を持たない。


◆本件に記載されているDominionも被告ではなく、出頭する資格がない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.上記の訴訟と似ているような訴訟が、まもなく中共の新型コロナウイルスを生物兵器として定義する

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆上記の二大訴訟が凄いのは、原告と被告を合理的に選択し、非常に合理的な主張をすることで、多くの不確定要素を回避し、裁判所に一切の懸念をすることなく判決を出せさせることである。


◆訴状の中では十分な証拠と有力な証人を基に、核心的な条項を自然に添付し、そして、裁判所の判決で裏書された後、覆すことのできない結論を導き出した。


◆路徳が大胆に「同様のテンプレ訴状によって、中共の新型コロナウイルスは生物兵器に定義される」と予測した。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.フリン将軍がトランプ大統領の恩赦を示し、もう誰かに陥れられる心配がなくなった

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆トランプ大統領が署名した恩赦には、フリン将軍は以前陥れられた無実な人物であり、真の愛国者であることを明確にしており、今後フリン将軍を陥れようとする者が出てきても、この恩赦は適用される。


◆王者の帰還、中共が最も恐れられている男フリン将軍が切り札を持って復帰した。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media、路徳文宣組、文寶Porsche

https://www.youtube.com/channel/UCm3Ysfy0iXhGbIDTNNwLqbQ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

686回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示