検索

11/26 路徳社 モーニングNEWS


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.バイデンが昨日マコーネル氏に電話をかけ、敗戦を認めるが、トランプ大統領の自分及び家族への赦免を要求した

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆その後SydneyPowellがすぐに「我々はやりました、トランプ氏は選挙人団から410枚の票を勝ち取った。バイデンは午前8時に認めた。トランプ大統領や神とは永遠に賭けをしないほうがいい。」とツイートした。


◆そしてツイートの最後にある意味深な話を残した。「今トランプ氏は大統領選挙に勝った、彼はバイデンを許すべきなのか?」。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.習近平が大博打に出る、化けの皮を捨てバイデンを全力で支持

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共の政策はバランスを崩すため、両方を買収している。共和党に内部紛争を起こし、民主党にも内部紛争を起こそうとしている、そして両党を戦わせている。


◆トランプ大統領はとっくにバイデンを負かすことができていた、しかし彼はもっと完璧な勝利を求め、有利な立場をバイデンに与えないため、中共の邪悪を知り尽くし、米両党の政治にも精通している爆料革命の郭文貴と内部の戦友の助けを借り、より複雑なスリリングな戦略を展開させた。それによって米国民が大統領選挙で行われたすべての不正行為を通じ、民主党の違法投票と中共の浸透をしっかり理解し、早いスピードで目を覚ました。また、それによってバイデンが敗れたあとの米国が混乱に堕ちいることを回避することもできる。


◆バイデンの勢いが消え去る今、中共は選択肢をすでに失った、そのため情報が入ってすぐ習近平がバイデンに大統領当選の祝電を送った。これにはバイデンに諦めるな、背後には中共がいることを暗示している。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.ネバダ州での大逆転劇「裁判官は違法投票の証拠についての聴聞会に同意」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆以前、裁判官は有権者主導の聴聞会請求の拒否を繰り返していた。


◆爆料革命が踏み込んで全てを変えた。習近平が権力を握る前、江曽孟家族はとっくに米国各界にBGYを実施していた、そのためすでに十分な弱みと証拠が集まっている。滑稽なのは、これらの家族自身がかつて相手を脅迫するための証拠という凶器が、今爆料革命の手によって相手に正しいことをさせるための道具に使わるとは思いもしなかっただろう。だから民主党に操られていた裁判官ですらトランプ陣営を支持するハメとなった。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.どうして米国を支える勢力が米国を再建しようとするのか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国の各財閥家族と利益団体、民主党と共和党のエスタブリッシュメントを含め、彼らが中共と結託するのは中共から金を儲けるためである。


◆しかし彼らは今年の大統領選挙によって米国の体系がすべて中共によって浸透されていたことが(米国の自由を守る最終的な守護者である裁判官ですら買収されていた)はっきり分かった。バイデンは本気で米国を中共に売ろうとしていることが明らかとなったことで、彼らは目を覚ました。


◆これは共和党内部の古いエスタブリッシュメントであるブッシュ一族と新しいエスタブリッシュメントであるマコーネルの転向によるもので、そのため多くの民主党もトランプ大統領を支持する側に転向した。これがトランプ大統領が選挙人団から410枚の票を勝ち取った根本的な理由である。


◆今、米国という巨人はようやく目を覚ました、中共は終焉へ向かう。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.中共は超限戦を用いて米国を破ろうとしたが、爆料革命は無私無欲を用いて中共を破る

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆中共はグレートファイアウォールを使い中共国の内情を隠し、逆にすべてを晒している米国のことをよく分かっていた、そのため米国を攻撃することができた。これが1972年米中関係が改善されて以来、中共が負け知らずだった根本的な原因である。


◆逆に爆料革命に中共体系内や米国各界に存在する顔も知らない正義感に溢れる戦士たちが集まったため、米国も中共も両方見据えている。


◆爆料革命は無私無欲で中共の超限戦に勝つ、最後の大事なところで中共に対してとどめの一撃を下した。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

32,698回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.