検索

11/25 路徳社 ナイトNEWS



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.バイデンが閣僚人事を発表したあと、米国を支える勢力に捨てられる

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆バイデンが閣僚人事を発表し、その中にはウォール街やその他利益団体の人物が一人もおらず、全員中共の者だった。


◆選挙資金がトランプ大統領よりあんなにも多いのに、どうして献金した人が一人も内閣にいないのか?(米政府の歴代内閣ではずっと献金者と利益団体がそのバランスを保っていた)、その選挙資金は一体どこからのものなのか?


◆左翼メディアはトランプ大統領を中傷するために、ずっとトランプやその家族が中共と結託していると報じ、逆にバイデンは反共であるという。


◆しかしバイデンの閣僚人事、そして爆料革命からの情報によって、ウォール街を筆頭に各財閥家族は誰が中共と結託しているのかを完全に理解した。そのため両者どっちつかずの状況から、トランプ支持側に回った。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.米国の世論とは何か?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆アメリカでは世論が全てを決定づける。そうでなければ証拠があっても裁判に勝てないし、裁判に勝っても執行することができない。


◆本当の世論とは、議員の背後にある様々な支持勢力や団体の意見である。各勢力、各組織にはそれぞれ独自の情報ルートがあり、中共がメディアをいくら操作したところで、米国の本当の世論を操作することはできない。


◆各州のいくつかの組織が行った最近の世論調査によると、国民の約80%がトランプ大統領を支持しており、バイデンの投票は不正であると考えていることが明らかになった。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.この二週間、トランプ大統領はようやく幻想を捨て、最後の戦いに臨む決意を固めた

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆爆発革命が提供した重要な情報が検証された後、各財閥家族と利益団体は新型コロナウイルスの真相について完全に理解した。現在、十数名のシークレットチームが全面的に調査を進めている。


◆この2日間、各財閥家族が集まり、トランプ大統領に絶対に妥協しないよう(中共と)、ホワイトハウスに4年間留まるだけでなく、上院と下院をも完全に取り返し、米国を徹底的に変えるよう求めた。BuildAmericaAgain



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.中共の米大統領選挙への干渉をターゲットに米宇宙軍がサイバー戦プランで対応

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆Krakenは米国防総省のサイバー戦プランである。全世界全ての通信衛星や海底光ファイバーケーブルは米宇宙軍の監視を受けている。


◆中共の米国大統領選挙へのサイバー上での戦争行為はすべて監視されており、中共の米国に対する戦争犯罪の確たる証拠が揃っている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.米国大統領選挙の結果は必ず逆転する

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆米国大統領選挙には2つのシステムがある、一つは国民による投票、もう一つは当選した上院議員と下院議員による最後の投票である。


◆もし国民投票の過程で不正投票が発覚した場合、またその証拠が確実ならば、当選議員の投票はバイデンではなくトランプ大統領に入れる。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

237回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.