検索

11/23 路徳社 ナイトNEWS



1.ビッグニュース:トランプ陣営の郵送投票をめぐる訴訟は、ペンシルバニア州の高等裁判所によって棄却された。


 ◆ペンシルベニア州での訴訟は主に郵便投票の有効性に関するもので、トランプ陣営が勝訴すれば、ペンシルベニア州のみの郵便投票が取り消される。しかし、この訴訟はペンシルバニア州最高裁で棄却されたため、トランプ陣営は連邦裁判所最高裁に上訴することができるようになった。そのため、もしペンシルバニア州の郵便投票の最終判決が無効となれば、全米の全ての州の延期された郵便投票が無効となる。


 ◆これは今回の大統領選挙、これからの米国の命運を左右する重要な訴訟合戦である。



2.LinWood弁護士の衝撃インタビュー


 ◆最高裁はすでに先を見据え、準備できているように見える。


 ◆大統領は先日、国防総省を再編し、テロやサイバーテロに対抗するために専門家をどのように配置したのかを見てみよう。彼は2018年に、前もって外国が大統領選挙に干渉した場合の対処法についての執行命令を出していた。私は完璧な結末を目にしたいところである。


 ◆JohnDurhamの報告が出てきたとき、我々が大統領選挙の最終段階に差し掛かったとき、部分的に関与した者や全てに関与した者(不正投票)は最後全員あぶり出される。


 ◆米国人は目覚めさせられるだろう、真相は必ず明らかにしなければいけない、すべての嘘が暴かれるだろう。すべての真相が明らかになったとき、誰がこの何年間ホワイトハウスを支配していたのかを知ったとき(オバマ政権)、この国全体が驚くだろう。



3.トランプ陣営よりSydneyPowellはトランプ弁護士団のメンバーではないことを発表、それには大きな意味が隠れている


 ◆この発表はPowellがトランプ大統領を支持していないという意味ではなく、Powellはトランプ大統領のためだけに行動しているわけではないことだけを意味している。


 ◆最近のPowellの発言はずっとDominion社、不正投票、外国による大統領選挙の干渉を中心としたもので、共和党や民主党に言及していないことからも分かるように、彼女は特定の人物や政党に仕えているのではなく、むしろより高いレベルのミッション(FISA)を遂行し、米国の国家安全保障のためにに仕えている。



4.上院公聴会でヒドロキシクロロキン支持


 ◆上院国家安全保障・政府問題委員会議長のDrPeterMcCulloughが発言し、いわゆる科学論文でヒドロキシクロロキンは心臓に有害であると言及しているのは、科学的の詐欺行為であり、人類に対する犯罪であると述べた。


 ◆世界の裏では共和党対民主党の戦いとは程遠く、インドもギリシャもヒドロキシクロロキンを推し進めており、どちらも米国に比べて死亡者数や感染症数を大幅に減少させている


 ◆この世界は病気だ、ある医者が患者にヒドロキシクロロキンを処方したところ、国土安全保障省から召喚状を受け取った。


 ◆この世界には問題がある、我々は徹底的に調べ上げる。医者は人々を助けるためにいる、政治的な迫害を受けてはならない。ヒドロキシクロロキンは65年に渡る安全な薬である、我々はワクチンをもう待てない、今すぐ行動しなければならない。



5.米国人の60%が中共に損害賠償を求めている


 ◆ラスムセンが発表したこの世論調査は、3月に42%、7月には53%、11月中旬では60%までに上昇している。米国民の中共への責任追及は完全に蜂起した。




引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb


98回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.